エデンの園

1980
評価する

基本情報

Giardino Dell' eden
1980
夏のローマ。アレッサンドラ(レオノーラ・ファニ)は、富豪の古美術商の父のもとで、何ひとつ不自由のない暮らしをしており、美術館で絵の模写にはげんでいた。晴れた午後、美術館の階段で彼女はミケーレ(ロニー・バレンテ)という少年に財布を盗まれるが、翌日、彼はそれを彼女に返しに来た。ミケーレは母と二人の兄弟と共に貧しい生活を送っていた。アレッサンドラは彼の率直さと一途さに惹かれた。エトルリアの壷を見に行こうと彼女を誘い出したミケーレは、海岸線ヘとオートバイを飛ばし美しい別世界のような地中海で時を過ごした。持ってきた絵の道具で風景を描くアレッサンドラ。ハーモニカを吹くミケーレ。空と海の下で身も心も裸になって暮らす二人は、いつのまにか時のたつのも忘れ、自然を満喫していた。ある日、ミケーレは、土にまみれたエトルリアの壷を発見し、二人ははしゃいだ。一方、アレッサンドラの蒸発で、誘拐事件にまで発展していたローマの実家では、犯人をミケーレと決めつけ警察の捜査が開始されていた。ミケーレの兄アルフィオ(マッシモ・リナルディ)は、ミケーレの“大仕事”を手伝おうと、ミケーレのいる浜辺へと急いだ。アルフィオから思いもよらぬ事態を聞き驚くミケーレ。8億リラを要求する凶悪な兄から、ミケーレはアレッサンドラを守りぬき、二人の愛は深まった。しかし、アルフィオは、まんまと8億リラを手に入れ、ミケーレに札たばを放りなげた。二人の行動を共犯と認めた警察は、銃口をアルフィオに向け発砲した。彼は倒れ、ミケーレは警察の手に渡り、アレッサンドラは再び家に戻された。しかし、彼女は以前の彼女ではなかった。彼女はミケーレの子を宿していたのだ。ローマの夏が終り、アレッサンドラは、街頭で思い出の“エデンの園”を描いた美しい絵を売っていた。そして獄中にいるミケーレを想い自分の力で生きることの喜びに燃えるのであった。

キャスト/スタッフ

forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

今まで★ 607,576,628件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.