暁の暴動

1958
評価する

基本情報

Big House
1958
強盗、殺人の悪事を重ねたギャングの親分ルー・ギャノン(ジーン・エヴァンス)は、ついに逮捕され、20年の刑に処せられた。彼は直ちに脱獄計画をたて、バクシー(ティモシー・ケイリー)らの囚人が参加した。ルーは外部から機関銃を持ち込ませる手配をした。ある日、ルーの独房にルディ(ロバート・ブレーク)という若者が入って来た。彼は仲間の罠にかかり、無実の罪により5年の判決をうけた。裟婆には美しい恋人がいて、1日も早く仮釈放になるために努力した。ところがルーは、なんとかしてエディを仲間に引き込もうとした。機関銃の部品が、石けんの中に仕込まれて、ルーのもとに集まって来た。石けんを倉庫から運ぶ役のアルが、危険を察知し、仲間から抜けさせてくれといって来た。ルーは殺し屋バクシーに命じて、彼を刺殺した。看守長のスターキーはアル殺しの犯人探しに懸命で、何かにつけ反抗的なエディに目をつけた。ルーはエディのポケットにナイフを隠し、スターキーは彼を犯人とみて拷問にかけた。独房から帰ったエディは、くやしさのあまりルーの仲間に入った。機関銃は銃身を残すだけになった。これが看守にみつかり、スターキーの一隊が倉庫を一斉検査した。が、ルーの機転で銃身はみつからなかった。ルディが係りをしている所長の車を利用して、機関銃は組み立られた。脱獄計画を実行に移す時が来た。気配を察知した所長も、警備に万全を期した。午前6時、独房看守を人質にし、全房の囚人は暴動化した。スターキーを閉じこめ、バクシーは正面入口にダイナマイトを仕かけた。混乱の中で、エディは仲間を裏切り1人塀を乗り越えようとしているルーをみつけた。ルーはエディを誘ったが、彼の本心を知ったエディは拒んだ。エディはルーの投げたナイフで重傷を負った。バクシーも門外に出たところを、待ちかまえた看守に射殺された。ルーは外に待っていた車で逃走した。がニューヨークの地下鉄入口で、警官に射殺された。

キャスト/スタッフ

forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのサービス

WATCHA

今まで★ 660,404,387件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.