基本情報
基本情報
    原題
    To the Wonder
    製作年
    2012
    アメリカ
    ジャンル
    ドラマ/ラブロマンス
    上映時間
    112分
    あらすじ
    ニール(ベン・アフレック)とマリーナ(オルガ・キュリレンコ)はフランスのモンサンミシェルにいた。アメリカを離れてフランスへやって来た作家志望のニールは、マリーナと出会い、恋に落ちる。10代で結婚し、娘タチアナ(タチアナ・チリン)を生みながらも、夫に捨てられたことで希望を失いかけていたマリーナを救ったのがニールだった。2年後、アメリカへ渡った彼らは、オクラホマの小さな町バードルズルで暮らしていた。ニールは故郷に近いこの町で、作家への夢を諦め、環境保護の調査官として勤務。前の夫と正式に離婚していないマリーナは、ニールと結婚はできないものの、穏やかな生活に満足していた。ニールとタチアナの関係も良好だったが、故郷から離れた土地で友だちに恵まれず、独りぼっちのタチアナは母に言う。“フランスへ帰ろう”。マリーナはニールとの関係を相談するため、カトリック教会のクインターナ神父(ハビエル・バルデム)のもとを訪れる。だが、布教に励み、町の人々から親しまれるクインターナも、信仰への情熱を失いかけていた。神はどこにいるのか?なぜ自分の前に姿を現さないのか?やがて、マリーナと諍いが増え、タチアナからも“パパ気取りはやめて”と非難されるようになると、ニールの気持ちは冷めてゆく。滞在ビザが切れたマリーナは、タチアナとともにフランスへ帰国。その後、ニールは幼なじみのジェーン(レイチェル・マクアダムス)と関係を深めてゆく。しばらくして、タチアナの家出をきっかけにマリーナがフランスでの生活に耐え切れなくなったことを知ったニールは、責任感から彼女を呼び戻して結婚。ジェーンは去ってゆく。しかし、マリーナの強く激しい愛を、ニールは受け止めることができなかった。信仰の前で葛藤するクインターナ同様、愛について深く考えるニール。愛は感情か?義務か?それとも命令なのか?やがて2人は、それぞれの選択をすることになる。