レビュー
レビュー
    star4.5
    ひしひしと孤独感がしみる宇宙ボッチ物語。 モノトーンの美しい(けれど無機質な)世界で、黙々と働きながら家族を想う主人公に身がつまされる。 物語は確実に嫌な予感が的中していく… 昔 企業戦士、今 社畜。働き方改革とは言うけれど、企業が非情になる一線はどこにあるのだろう。組織に心が無ければA・Iと同じ事である。 この物語と同じ立場になったら私には無理だろう。だってSiriと会話成立できないから。
    140
    (★ネタバレ有り) 再観賞。 改めてサム・ロックウェルの演技がうまいなぁと感心した。 いろいろ曖昧な部分もあるけれど、ストーリーも脚本もしっかりしてる。音楽も良い。 切なかった。クローンは人間?A.I.は機械? 告訴したからハッピーエンドのようだけど、「どうせ奴はイカレ野郎か不法入国者だ…捕まえるべきだね」という言葉で終わるし、このまま無事に済まないだろう。クローン事業は終わりになるんだろうか?A.I.に全て任せることになるんだろうか?
    ネタバレがあります!!
    70
    この月に囚われた男っていう邦題はよくできてる 原題の「moon」よりいい 単純なSFサスペンスだと思ってたら軽くホラー要素も入ってる 一人の孤独を描いた作品としてアド・アストラに近い 内容は断然こっちの方好きだけど
    60