『女神が家にやってきた』のポスター

女神が家にやってきた

2003 ・ コメディ ・ アメリカ
平均 ★3.2 (32人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Bringing Down the House
2003 · アメリカ · コメディ
104分
ピーター・サンダーソン(スティーブ・マーティン)は生真面目すぎるほどの固い性格の上に、ワーカホリックの弁護士。そんな彼に愛想を尽かし、妻は子供を連れて出て行ったが、ピーターは(彼なりにではあるが…)家族を愛していて、自分のどこに落ち度があったのか、離婚して2年たった今でも理解できずにいる。寂しさを紛らわすために出会い系サイトのチャットにハマり、そこで出会った魅力的な女性弁護士シャーリーンに胸ときめかせる毎日。ついに初めてのデートの約束をとりつけ、ピーターは有頂天になる。だが、現れたのは美人弁護士どころか、写真も経歴も全くの別人で、さらに悪いことに、彼女は巷のニュースを騒がせている脱獄囚だったのだ! 強引で図々しいシャーリーン(クイーン・ラティファ)はピーターの家に居座り、クライアントとの大事なミーティングまで妨害する始末。彼女の目的はただひとつ。「私の無実を証明して!」。彼女は強盗の罪で逮捕されたが、全くの濡れ衣だという。一刻も早くシャーリーンを厄介払いしたいピーターは、渋々ながら彼女の要求に応じることに。ピーターのご近所の住人たちは揃いも揃ってお上品で、ガサツなシャーリーンはここでは明らかに“異分子”だった。夏休み中の娘と息子、思春期の娘サラ(キンバリー・J・ブラウン)と、小学生になっても文字が読めないジョージー(アンガス・T・ジョーンズ)を預かることになったピーターは、シャーリーンを“子守り”と偽って家に置く。だが、この“子守り”は思いがけないほど有能だったのだ! ちょっとした好奇心から怪しげなパーティーに連れ込まれたサラを、シャーリーンは単身乗り込んで救出。おまけに連れ込んだ相手の男を徹底的に叩きのめしてしまう。また、親や教師がどんなに教えても文字が読めなかったジョージーだったが、シャーリーンが与えたポルノ雑誌で文字が読めるようになってしまう。「興味が持てて、刺激的な読み物を与えただけよ」と語るシャーリーンだが、こんな破天荒な教育法はどんな学者だって思いつかないだろう。彼女はそのワイルドな外見や態度とは裏腹に、優れた知性ととびきり温かなハートの持ち主だったのだ。一事が万事、型破りで大胆で人騒がせなシャーリーンのせいで、ピーターのペースは狂いっぱなし。だが、ガラガラと音を立てて崩れていく《秩序》の残骸の中から、今まで隠れていたピーターの本当の姿が見えてくる。思いやり深く、誠実で、誰よりも寂しがり屋のピーターの素顔が…。人が変わったように人間らしさを取り戻したピーターに、子供たちも大喜び。だが、シャーリーンとの平穏で幸せな日々は、長くは続かなかった。ピーターのクライアントに、彼女が脱獄囚であることがバレてしまったのだ。警察の手が伸びる前に、シャーリーンの無実を証明しなければ! ピーターは、真犯人と目星をつけたギャングの溜まり場であるクラブへ、常連客風に変装して潜入する。そして、不意に襲いかかるヒップホップのダンスバトルなどをみごとクリアし、やっとのことで真犯人の元へと辿りつくが……。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.2
(32人)

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

視聴可能なサービス


今まで★ 621,577,146件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.