レビュー
レビュー
    star4.0
    スターウォーズのスピンオフ映画です。 ストーリー的にはエピソード4の前ですね。 最初はテンポが悪く大丈夫かいなって感じでしたが、そのままぐんぐんテンションを上げていきフィニッシュ。 後半にあるお涙頂戴の展開や最後の締め方は賛否両論あると思いますが、私はあの終わり方で良かったと思います。 ファンならついニヤリとするファンサービスを入れている点は素晴らしいですし、エピソード4への繋ぎ方は抜群の繋ぎではないでしょうか。 前半3.5点、後半4点でした。 個人的にイマイチな点はK2-SO以外に魅力的なキャラクターがいない事です。 さすがに初期作品のダース・ベイダー、ルーク、ハン・ソロ、R2-D2、C-3PO、チューバッカ、ヨーダ級のキャラクターは厳しいでしょうね。 あとどうもジョージ・ルーカスではないディズニーのスターウォーズ作品は何故か「スターウォーズ風SF映画」という感じがして違和感が拭えない点でしょうか。 スターウォーズファンなら観ておいて損はありません。 出来れば2回観ること推奨です。 全てを理解した上で観た2回目の方が面白い映画でした(о´∀`о)
    150
    キャラクタの個性がシブい。悪く言うと全員の小物感が半端ない。だけど大きな戦争のミクロな部分に焦点を合わせた今作には、その小物感がリアルな感じを出していてとても良かった。終わらせ方には若干の雑さを感じたが、その雑さがまた戦争と言う大きな物に飲み込まれる人々の人生をリアルに映し出していた。 最近のスターウォーズの様なジェダイがライトセイバーをブンブン振り回してトルーパーやドロイドをバッタバッタとなぎ倒し、強敵とド派手なアクションで闘う事を期待して観ると物足らない作品になってます。
    120
    大義のために、みんな死を覚悟して死んでいく。その覚悟が強く伝わるから、ありふれた話だけど本気で泣いた。EP7より面白い。ベイダー卿の歩き方がファッションモデル的なのは、どういう計算なのか。。
    90