恋の手ほどき(1933)

1933
評価する

基本情報

The Way to Love
1933
―花の都巴里―フランソワは恋愛相談所長ビビ先生に雇われている助手である。彼は午前中はビビのためにサンドウィッチ・マンを勤めて巴里の盛り場を歩き回る。午後はビビの店で顧客の望むままに、世界各地の名勝を背景にした写真を撮したり、人工燈で日焼けさせてやったりして日を暮らしていたが、彼の野心はガイドになることであった。彼はある日ナイフ投げのペドロの的になるマドレイヌという娘に遭った。ペドロは彼女の保護者であったが、つねに彼女を虐待するので、マドレイヌは逃げ出し、フランソワに救われて彼の家に引き取られる。フランソワはアメリカ人の作曲家ジョーやムーラン・ルージュに勤めるスザンヌなどと一緒にピエールの安アパートを借りているのである。ビビの妻ロザリイの姪アネットが夫を求めて、田舎から出て来る。ロザリイはアネットをフランソワと結婚させようと計る。彼女はフランソワがマドレイヌと恋仲らしいのを察して、マドレイヌに彼を愛しているのなら彼の幸福の邪魔をするなと言いに行ったので、マドレイヌはフランソワに愛想づかしを言ってペドロの許へ帰って行った。フランソワはガイドに採用されて、マドレイヌと結婚するつもりでいた所へ、彼女に去られて悲しみ沈んでいたが、ビビは彼を慰めるために酒をすすめ、二人は酔った元気でマドレイヌを探しに行く。途中でフランソワはレスリングの飛び入り試合をしなければならない破目になったが、幸運にも勝利を占めて200フランの賞金を貰った。そしてペドロのナイフの的になっているマドレイヌに再会した時、彼はペドロを叩きつける事ができた。かくて、フランソワとマドレイヌとは初めて楽しい恋を囁く身となった。

キャスト/スタッフ

forward

次々と新作が配信開始

新規会員なら1ヶ月無料体験

WATCHA

今まで★ 595,884,027件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.