『ヒトラーの贋札』のポスター

ヒトラーの贋札

2007 ・ ドラマ ・ オーストリア ・ ドイツ
平均 ★3.3 (509人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Die Falscher
2007 · オーストリア · ドラマ
98分
第二次世界大戦終結直後、モンテカルロの一流ホテル。札束が入ったスーツケースを持ったサリー(カール・マルコヴィクス)が入ってくる。1936年、ベルリン。サリーはパスポートなどを偽造する贋作師で、犯罪捜査局の捜査官ヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に捕らえられる。サリーはマウトハウゼン強制収容所に送られるが、彼のスケッチが親衛隊隊長に気に入られ、ナチスお抱えの画家になる。ある日彼は、ザクセンハウゼン強制収容所に移送される。そこではヘルツォークが極秘任務、囚人に贋ポンド紙幣を大量生産させる「ベルンハルト作戦」を指揮していた。贋札工場は隔離され、厚待遇が用意されていた。そこでサリーは、ブルガー(アウグスト・ディール)やコーリャらと共に、完璧な贋ポンド紙幣を作り出す。ある日、アウシュヴィッツから送られてきた古紙から、仲間の子供たちのパスポートが見つかる。それは子供たちの死を意味していた。彼らは自分たちがナチスに協力し、同胞を苦しめているという現実に直面した。ブルガーは決起を促すが、サリーは相手にしなかった。彼らの次の任務は贋ドル紙幣の生産だった。それにはブルガーの技術が必要だったが、彼は協力しない。ヘルツォークは、4週間以内に成功しなければ見せしめに5人を銃殺すると宣告する。作業員たちはブルガーを密告するべきだとサリーに訴えるが、サリーは拒否する。そんな中、コーリャが結核に侵される。サリーは、国外逃亡を企てたヘルツォーク一家のパスポートを偽造し、薬を手に入れる。贋ドル紙幣は期限までに完成した。しかしコーリャは病気が親衛隊にばれ、感染防止のために銃殺される。数日後、作業は停止され、機材が運び出される。連合軍が迫ってきていたのだ。親衛隊が去った夜、ヘルツォークは、隠していた贋ドル紙幣を取りに戻る。それを見つけたサリーはヘルツォークから銃を奪い、撃つ。翌朝、囚人たちによって工場の扉が破られる。再びモンテカルロ。サリーはカジノでわざと負け続けるが……。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.3
(509人)

レビュー

6
forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

13
forward
今まで★ 596,981,721件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.