『緊急事態宣言』のポスター

緊急事態宣言

2020 ・ ドラマ ・ 日本
平均 ★2.8 (15人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

緊急事態宣言
2020 · 日本 · ドラマ
185分
世界中を混乱させ続ける新型コロナウイルス。日本でも緊急事態宣言が発出され、人々は外出自粛という忘れられない経験をした。映画界でも映画館の休館、撮影休止などが相次いだが、そんな中で企画されたのが本シリーズだ。「思うようにできない」制限は、逆に発想力を掻き立て、新しい体験を生み出すチャンスになるのでは?その思いから「緊急事態」という一つのテーマが設定され、映画づくりがスタートした。世界に暗いムードが漂う中、映画の力で笑顔や活力を生み出してみせよう、と。5組の監督が集い、それぞれ全く異なるアプローチで、全く違う5つの映画をつくる。「感染拡大防止を徹底すること」以外は、本編尺、ジャンル、言語など、一切不問。すべては監督の自由な選択に任される。その結果完成した作品は、どれもが全くオリジナルで新しい、今しか作り得ない新時代のエンターテイメントだった。誰も予想できない5つの「緊急事態」をとくとご覧あれ! 『#1 デリバリー2020』 中野量太(『湯を沸かすほどの熱い愛』『浅田家!』)監督作品。自粛生活が続く中、離れ離れに暮らす家族が「誕生日は皆で祝う」というルールに従いオンラインで集まった。画面越しに食卓を囲む母、娘、そして息子。父は予定通り19時に帰宅するという。だがこの恒例行事には、オンラインという以外にも例年と違う点があった…。 『#2 孤独な19時』 園子温(『愛のむきだし』『新宿スワン』)監督作品。COVID-19収束後に現れたさらに狂暴なウイルスにより、自粛生活の続く日本。人々は50メートルのソーシャルディスタンスを保って生活していた。生まれてから一度も外に出たことのない音巳は、外から聞こえる奇妙な音が気になるあまり、初めて家の外へ踏み出すが…。 『#3 DEEPMURO』 俳優ムロツヨシ、ライゾマティクス真鍋大度、ヨーロッパ企画上田誠による部活動、非同期テック部監督作品。ムロツヨシは、念願だった柴咲コウとの恋愛ドラマの撮影に挑んでいた。だが、ムロの様子はどうも変だ。戸惑う柴咲は、心配そうにムロに話しかける。「ムロさん、いつもと違うけど大丈夫?」その時、撮影現場の扉が開いて入ってきたのは…!? 『#4 ボトルメール』 三木聡(『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』「時効警察」)第二波が来る少し前。不倫で仕事を干された女優、鈴音の下に謎のメールが届く。その指示に従って出かけた新作映画の主演オーディションで見事合格した彼女は、監督からリモートで演技指導を受けることになるが…。 『#5 MAYDAY』 真利子哲也(『宮本から君へ』『イエローキッド』)監督作品。2020年5月。あらゆる国や地域で緊急事態が宣言され、世界中で自粛生活が続いていた。だが、風景や状況は全く違っても、地球上は同じ時間軸で繋がっている。北米、アジア、アフリカ、ヨーロッパ…。日本時間の19時ちょうど。世界はそれぞれの表情で過ごしていた。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均2.8
(15人)

レビュー

1
  • star2.0
    第1話はよかった😭
    ネタバレがあります!!
    00
forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

視聴可能なサービス


ギャラリー

forward

©2020 Transformer, Inc. ©2020 「DEEPMURO」製作委員会

この作品が含まれたまとめ

1
forward
©2020 Transformer, Inc. ©2020 「DEEPMURO」製作委員会
今まで★ 606,725,113件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.