『テキサス・チェーンソー ビギニング』のポスター

テキサス・チェーンソー ビギニング

2006 ・ ホラー ・ アメリカ
平均 ★3.1 (1,352人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning
2006 · アメリカ · ホラー
90分
1939年、一人の赤ん坊が食肉処理工場で生まれた。生まれながらに肢体の不自由な子は包装紙に包まれ、直ぐにゴミ容器の中に捨てられた。たまたまゴミを漁っていた女に拾われた子はトーマスと名付けられ、女とその夫が暮らすヒューイット家で育てられる。トーマスは6歳のときから、動物を殺して解体するなど異常性が際立っていた。やがて9歳から食肉処理工場で働き始めた彼は、30歳のとき工場が閉鎖された衝撃から工場長をハンマーで殴り殺してしまう。住む土地に異常な執着を持つヒューイット一家は、捜索に来た地元の保安官まで殺害する。こうしてヒューイット一家の殺戮が始まった。ベトナム戦争のさなかの1969年。徴兵に悩む18歳の青年ディーン(テイラー・ハンドリー)と、その兄で既にベトナム経験のあるエリック(マット・ボマー)。それぞれの彼女であるベイリー(ディオラ・ベアード)とクリッシー(ジョーダナ・ブリュースター)を伴ってのテキサス縦断旅行の後で、ディーンは戦争に行く気がないことを兄に打ち明けようとしていた。立ち寄ったバーでバイカーのカップルに目を付けられ、4人が出発するとカップルの女性アレックスは彼らのジープを追いかけ、逃げようとしたジープは事故に遭う。怪我を負った3人をアレックスが脅していると、保安官のホイト(R・リー・アーメイ)が現場に到着する。事故で車外に投げ出されたクリッシーが近くの茂みに隠れていると、保安官はいきなりアレックスを射殺、3人をパトロールカーに乗せて拘束してしまった。そしてホイトは残酷な殺人鬼「レザーフェイス」へ変貌しつつあるトーマスとヒューイット家の面々が待つ家へ車を走らせる。クリッシーは後を追うが、ベイリー、エリック、そしてディーンはレザーフェイスとヒューイット家に殺される。からくも車で逃走するクリッシーを後部席に潜んでいたレザーフェイスが斬りつけ、雄叫びを上げるのだった。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.1
(1,352人)

レビュー

10+
forward

映画好きは必見!

WATCHAで映画をもっと楽しもう

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

16
forward
今まで★ 596,544,420件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.