レビュー
レビュー
    star1.5
    2019.10.19.061 んー!なんか期待してたのと違ったし、自分にはこの映画の良さがわからなかった。ストーリーもだけど、主人公ヴィカスに人間的魅力を感じなかったからかな。種別問題、差別、いろいろと考えさせられることはあったけど そういえばエイリアン系の映画、まともに観るの初めてかも
    130
    第9地区 地球外生命体が飛来して20年、最初は死にかけのエイリアンを手厚く保護していたのだが だんだんと近隣住民と問題が発生し、MNUという組織主導でエイリアンを別の地区へ移住させるお話。 いままで見てきたエイリアン系の映画と違い、いきなりの侵略がなくドキュメンタリー調に話が進むので身近に感じながら映画をみれた。 エイリアンも見た目は虫みたいでグロテスクなものの中身は人間と大差なく、エイリアンサイドの視点からも物語を考えれるので いままでのエイリアンものとは別の視点から楽しめるのがよかった! 後半はエイリアンに感情移入しすぎてもて、人間の傲慢さに嫌気がさした…とくにエイリアンを実験材料にしてたとことか胸糞悪い… 主人公の気持ちはめちゃわかるけどなんか許せない。最後のヴィカスはかっこよかった。 人間の弾けとび方が鮮やかすぎて、逆にグロテスクに見えない現象ある。 オチが個人的にはめちゃめちゃ好き。最初のインタビューにつながる感じとかヴィカスらしきエイリアンがいたりとかめちゃこのあとどうなったんやろって考えちゃう。 3年後をうつさないからこそ、どうなったか映画見終わった人とめちゃ話したくなる!
    90
    比較的評価の高いこの作品。 人間とエイリアンの物語と見せかけて人種差別を描いているらしいが、エイリアンの造形が陳腐に感じられいまいち入っていけなかった。 まるで子供が観る特撮モノのようで… シリアスにすると面白そうな内容だが、あえてなのか?B級色が強くかといって笑えるでもなく対処の困る映画でした。 もっとシリアスな造形や描写に特化すれば面白かったかも。 昔ドラマで観たV(ビジター?)はそういう意味では面白かった。
    80