レビュー
レビュー
    star3.5
    東京から地方に引っ越して来た少女が家族を殺され復讐する映画です。 一言でいうとこれがいわゆる「胸糞映画」ですね…( ̄д ̄;) 最初に描かれたイジメがあまりにも酷い描写でムカムカきますし、登場人物の半数は頭がイカレているというトンデモ映画です。 しかも復讐すればさぞかしスカッとするのかと思いきや全く心が晴れず、後からくる激しい喪失感と虚しさに襲われます… いじめっ娘が主人公に「このブス!」と言いますけど、これでブスじゃ世の中辛いですね… (まあいじめ側もみんな美人ですけど(*´Д`*)) はっきり言ってみんなまだまだのレベルで演技が上手いとは言えませんし、映画の撮り方や見せ方も酷い場面があり作品としては未熟です。 主人公の山田杏奈演じる野咲春花はなかなか良く、内に秘めた表情で復讐する姿はこの映画に合っています。 …まさかこの人が先日観た「咲-saki-」に出ていたメガネの染谷まことは全く気付きませんでした。 表情も(顔が全く違う…)演じ方もまるで違うし素晴らしい女優さんですね(>_<) ちはやふるでドSの須藤さんを演じた清水尋也のキャラ設定は余計かなぁ〜 キラリと光る物がある映画ですが最後まで終始胸糞で、監督がただただ白と赤のコントラストを撮りたいがための作品でした(*´ω`*)
    150
    ハードです。 世の中には[イジメ]があり、それは新たな[イジメ]を生む。 陰惨なイジメがエスカレートして大惨事に… 同級生達が酷すぎるので、復讐が始まってからの展開では、より残酷な描写を求めてしまいます👿 舞台が[銀世界]に包まれたら、血祭の連続。 めでたくも何ともない紅白の画面で、登場人物も観る側も、心はドス黒くなっていくばかり🌚 純粋な心ほど[闇落ち]しやすい。 しかし影が濃いほど光が強いという事。 選択を間違わなければ、この世界は闇ばかりでは無いはず… シコリが残るな〜(~_~ ; )
    130
    リベンジものかな? あそこまでされたら、それはリベンジするよねって展開なんですけど、それ以前にそこまで行く状況に納得しにくいなーと。 田舎の閉塞感とか、成長期の暴力性とかかなと思いますけど最終的に感じるものが無かったというのが 感想になってしまいます。 映像は丁寧に撮られていますが、バイオレンスシーンや雪のCGなんかはとってつけたような感じで気になりました。 血の染み込んだ衣服でどんどん赤黒くなっていくとか したら面白いのにな。あんなに綺麗に洗えるもんですかね。 主演の子は一見しては普通の子って感じですが、 やたら可愛く見える場面がありますねー。
    100