『ある愛へと続く旅』のポスター

ある愛へと続く旅

2012 ・ ドラマ ・ イタリア ・ スペイン
平均 ★3.6 (80人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Venuto al mondo
2012 · イタリア · ドラマ
121分
イタリア・ローマ。ある日、ジェンマ(ペネロペ・クルス)のもとに、青春時代を過ごしたサラエボに住む旧い友人ゴイコ(アドナン・ハスコヴィッチ)から電話がかかってくる。ジェンマは16歳になる息子ピエトロ(ピエトロ・カステリット)との難しい関係を修復するために、彼と共に自らの過去を訪ねる旅に出ることを決意する……。1980年代初頭の旧ユーゴスラビア。サラエボに留学中のイタリア人女子大生ジェンマは、ゴイコからアメリカ人の写真家ディエゴ(エミール・ハーシュ)を紹介される。一瞬で恋に落ちた二人は、やがて結ばれ、ローマで新婚生活をスタートさせた。だが二人は子供を熱望するが、その夢は無残にも打ち砕かれてしまうのだった。そんな中、サラエボに不穏な空気が流れ始め、遂に民族紛争の火蓋が切られる。ディエゴは、戦場の現実を記録するため一人サラエボに向かい、後を追ったジェンマもかつての友人たちと再会、人道支援活動に参加し、以前とは全く違う状況下のサラエボで暮らし始める。そんな日々の中でもジェンマはディエゴとの子供が欲しいという夢を捨てきれず、二人は代理母を探し、ミュージシャンを目指すアスカ(サーデット・アクソイ)という女性に出会う。意志の強い瞳と熱い夢、長い髪をもつアスカと二人は意気投合、ジェンマはアスカに代理母としての願いを託すのだった。しかし、戦況は悪化の一途を辿り、血で血を洗う無残な日常が繰り返され、かつての美しい街はその姿を失っていった。やがてアスカは男の子を出産、産まれたばかりの赤ん坊の身を守るためにもジェンマはイタリアに戻ることを選択する。ところが、軍の助けで帰国の機に搭乗する直前、ディエゴはパスポートを持っていないことを理由に一人サラエボに残り、命を落としてしまう……。それから16年。当時、命からがらサラエボを脱出した二人を助けてくれた大尉と再婚したジェンマは息子を伴ってサラエボを訪れる。懐かしいゴイコとの再会、そして蘇る青春の日々。ともに白髪交じりの年齢になった二人は、亡きディエゴとの思い出を語り合い、回想する。時を遡って思いにふけるジェンマと立派に成長したピエトロを温かい眼差しで見守るゴイコは、旅の最後に母子をある島へと誘う。そこにはジェンマが思いもしなかったあまりにも深い愛の真実が待っていた……。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.6
(80人)

レビュー

7
forward

映画をもっと楽しもう🎬

映画の情報をご紹介します🙌

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

8
forward
今まで★ 588,367,930件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc