豪華一代娘

1936 ・ アメリカ
評価する

基本情報

The Gorgeous Hussy
1936 · アメリカ
103分
1820年代にペギイ・オニイルは新興国アメリカの首都ワシントンに生まれた。彼女の家は当時合衆国各地の政治家が、首都に上京した時宿泊するフランクリン旅館であった。だからこの家の一人娘ペギイはまだ小さな乙女の頃から、有名な政治家たちに可愛がられ、彼らの談論を聞いて政治に深い興味を持つようになっていた。中でも彼女に深い影響を与えたのはダニエル・ウェブスターとアンドルー・ジャクスンの二人で、彼女はウェブスターに憲法を、ジャクスンに愛国の精神を教えられたのである。幼い時からペギイはここを常宿としている南部選出議員ジョン・ランドルフに心を惹かれ、それが恋であることをはっきり悟ったのは十九歳になった時であった。ランドルフも彼女に何かしら心を惹かれていたが、ただお転婆な娘だと思い込み、ある夜ペギイが率直に恋心を打ち明けた時も卒気なく退けてしまった。ペギイは半ば自棄から山師のサンダーランドの誘惑に陥らんとしたが、ランドルフはそれを助けてやり、ロシア公使として外国に赴任した。間もなくペギイは若い海軍士官ボウ・ティムバーレークと結婚したが、結婚を済ませると彼は直ちに海上勤務に出発した。しかしこの夫婦生活は永く続かなかった。ボウは海上で職務にたおれ、彼女は若くして未亡人となった。ペギイの唯一の頼みはジャクスン将軍と彼の妻ラシェルであった。夫妻も彼女を吾子のように愛し慈しんだ。将軍は多くの敵も持っていたが熱と実力のある政治家だった。しかし愛妻ラシェルが病死すると後はすべての興味を失いかけて来た。この時ペギイは夫人の臨終の願いによって、ジャクスンを鼓舞し、再び政治家としての熱と力を取戻させたのである。五年後彼はついに米国七代目の大統領となった。その頃ランドルフは任期を終えてロシアから帰り、ペギイとの再会は再び恋となり二人は結婚することになったが、ランドルフはジャクスンの政敵であり将軍はこの結婚を喜ばない。ペギイは一身の幸福を犠牲にして将軍の片腕と呼ばれる陸軍卿ジョン・イートンと結婚した。山師サンダーランドは一身の利益のために陰謀を企みランドルフに反対され彼を射殺する。死の際にペギイは彼の愛の告白を聞く。この殺人事件から彼女に対する世間の嫉妬と誤解はイートン夫妻を大統領の側近にあるを許さず、二人は海外使臣として愛する故国を離れねばならなかった。

キャスト/スタッフ

forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

今まで★ 629,615,138件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.