オペレッタの王様

1939
評価する

基本情報

The Great Victor Herbert
1939
ビクター・ハーバートのミュージカル・コメディの花形ルイズ・ホールを見ようと する客で一杯になったいる劇場、幕が上がると14歳くらいの少女が立っている。危うく歌も歌えないでしまいそうだったが、やっと勇気を取り戻して歌いだしたー彼女は何者であろうか。ヴィクター・ハーバートの思いで話を聞こう。ルイズ・ホールは歌が好きでミュージカル・コメディのスター志願であった。ある日彼女の町にハーバート御大と人気テナーのジョン・ラムジーが旅興業にきた。ルイズはふとしたことでラムジーと仲良くなり、彼に野心を打ち明け、歌を歌ってみせた。かれはその歌を悪くないと思った。ルイズが美人だったので何もかも気に入ったのかも知れない。ハーバートは全然相手にしなかった。しかしラムジーは彼女をなぐさめ、ブラッドリー・マーティンの舞踏会には、ハーバートの許可をまたないで、役はルイズと共演することを取り計らっておいた。ハーバートは怒ったが、結局承知する。ルイズは意外にも大好評を博した。そして二人は結婚した。二人の間にはペギーという愛の結晶が生まれたが、ラムジーは結婚後人気がなくなり、反対にルイズはますます好調だった。それがいよいよ夫をクサらせると悟ったルイズは、ペギーを伴って夫の許を去り、スイスへ赴いた。愛妻を失って発奮するどころか、ラムジーの気は滅入るばかりだ。みかねたハーバートがスイスへルイズ母娘をアメリカへ連れもどした。ハーバートの計らいでラムジーもルイズの返り咲きの舞台に出ることになるが、給料はハーバートが個人的に出していると知ると、ラムジーはやめてしまう。そして豪州へ渡る旅興業の一座に加わろうとした。そのころペギーは14歳だったが、立派に歌えるのでルイズはハーバートに頼んでラムジーの代役に出してもらった。ペギーが度を失いかけた時、ラムジーは力づけて娘を歌わせたのである。

キャスト/スタッフ

forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

今まで★ 602,660,970件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.