基本情報
基本情報
    原題
    四季・奈津子
    製作年
    1980
    日本
    ジャンル
    ドラマ/ラブロマンス
    上映時間
    120分
    あらすじ
    博多郊外に居を構える小峰家には嫁いで貞淑な妻となっている長女の波留子、平凡なOLの二女、奈津子、東京の大学で学生運動に没頭している三女、亜紀子、ノイローゼで精神病院に入院中の四女、布由子の四人の姉妹がいる。五月のある日曜日、奈津子は入院中の布由子を見舞った。うつ病の布由子は、陽性な性格の奈津子にだけは心をひらくことがある。布由子は、九州に来ている前衛劇団の公演を見に行きたいと奈津子にいう。医師の沢木も同行するということで、三人は会場に向かった。激しい雨と風の中、ボタ山の中腹で行なわれるテント公演。そこで、奈津子は東京からやって来た写真家、中垣と出会った。雨と風の中、未知の世界に触れた衝撃で、奈津子も布由子も興奮していた。帰り道、奈津子はヌード写真を中垣に撮ってもらいたいと話す。彼女の冒険の第一歩だった。奈津子には結婚の約束をした恋人の達夫がいたが、飽きたらないものを感じている。そして、中垣に会いに彼女は東京に向かった。