魔空電波

1938
評価する

基本情報

Flight to Fame
1938
世界大戦当時活躍した飛行士12名は、「悪魔の12」と名付ける団体を作っていたが、その1人フィスク博士は会を脱退して専ら電気応用の破壊光線の発見に没頭し遂に成功した。ところが陸軍省へ持込んで幹部将校の前でテストをすると、どうしたものか失敗したので、当局では十分に完成されていないのだと信じた。フィスク博士野娘バーバラを愛しているロバーと大尉は、新性能の飛行機のテストに成功したが、その後引き続いて行なわれた性能試験飛行で、「悪魔の12」会員の将校3名が原因不明の事故によって墜死した。ロバーと大尉は破壊光線に疑惑を持って探査を進めたが、博士には立派なアリバイがあった。そこで彼はロイ少佐と協力して見えざる的を罠に陥れるため、少佐が単独飛行を行なうと発表し、大尉も秘かに爆弾を積んで同乗した。前に3機が落ちた場所で破壊光線器を発見したので、急降下爆撃によってこれを爆破し、瀕死の犯人を逮捕した。それはミューラーと名乗る博士の助手であったが、実は大戦中汚名を着て逃走したドレーク中尉で、恨みを抱く「悪魔の12」の各人に対し、博士の機械の秘密を奪って復讐を企てたのであった。

キャスト/スタッフ

forward

気軽に観れるコメディ映画🎬

WATCHAで配信中✨

WATCHA

今まで★ 597,702,103件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.