レビュー
レビュー
    star3.0
    武士道。茶の道。元禄。官能。 ~戯れに惚れるべからず ~ (当時コピーより) 江戸時代の文筆家[近松門左衛門]の浄瑠璃劇原作。伝統芸能の世界。 剣劇アクションとは違います⚠️ 時は[元禄]、天下の色男 [笹野権三] 受難のストーリー 槍を持たせたら敵無し(らしい)で、当時の流行[茶道]にも秀でた出世コースを行く男。 ある日、不義密通の疑いをかけられ出奔。 名誉を重んじる武家社会と様式美を重んじる[茶の道]は[表層が全て(見た目オンリー)]の世界か? バブル好景気だった映画の制作年と重なる時代背景に、なんとな~く当時の気分が伺えます。
    150