『合衆国最後の日』のポスター

合衆国最後の日

1977 ・ サスペンス ・ ドイツ ・ アメリカ ・ ドイツ(旧西ドイツ)
平均 ★3.6 (11人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Twilight's Last Gleaming
1977 · ドイツ · サスペンス
146分
1981年11月。州刑務所を脱獄した4人は、モンタナ州のミサイル基地に通じる道で軍用トラックを乗っ取り、基地に侵入した。リーダーは元空軍大佐のデル(バート・ランカスター)。この基地の設計者でもあり、ハト派的言動で投獄されていた男だ。彼は侵入の折、仲間の1人を計画にそぐわないとして射殺し、結局デル、黒人のポーウェル(ポール・ウィンフィールド)、そしてガルバス(バート・ヤング)の3人が内部に入った。早速、彼らはミサイル・コントロール・センターを占拠し、オマハの司令センターに彼らの行動を告げる。司令センターの責任者マッケンジー将軍(リチャード・ウィドマーク)は、この事件をホワイトハウスの大統領に連絡した。ただちに非常機密会議が招集され、その席上デルから電話が入った。デルの要求とは、ベトナム戦争当時の国家機密文書の公表、国外逃亡資金1千万ドルの用意、そして逃亡地点までの大統領の人質、の3点だ。タカ派高官の圧力により、デルらの抹殺が決定した。大統領よりの指令でマッケンジーは、戦車と小型原子爆弾を基地に配置する。だが、デルは事態を察し、ミサイルの発射ボタンを押した。だんだんとせり上がって行くミサイル。発射10秒前。デルが本気なのを知り、大統領は作戦を中止する。8秒前、ミサイルは止まった。ついに、大統領は文書公開をデル達に約束し、自ら人質になるため現金を持って出向く。やがて、大統領にぴったりついてデル達が出て来た。専用機へ歩む彼ら。一方、文書公開をはばむマッケンジーらは、用意した狙撃兵に命令をあたえた。銃弾は発射された。倒れるデル達。そして大統領。アメリカの危機は去った。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.6
(11人)

レビュー

2
forward

映画好きは必見!

WATCHAで映画をもっと楽しもう

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

1
forward
今まで★ 597,701,880件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.