『バウンド』のポスター

バウンド

1996 ・ 犯罪 ・ アメリカ
平均 ★3.3 (517人)
評価する

見る

forward

基本情報

Bound
1996 · アメリカ · 犯罪
107分
腕のいい盗みのプロ、コーキー(ジーナ・ガーション)は5年間の刑期を終えて出所した。彼女はマフィアのビアンキーニから、彼の所有するシカゴのアパートの内装と配管工事を任された。隣の部屋には、組織のマネーロンダリング担当のシーザー(ジョー・パントリアーノ)とその情婦ヴァイオレット(ジェニファー・ティリー)が住んでいた。妖艶なヴァイオレットは中性的なコーキーにひと目惚れして誘いをかけ、2人はその夜、激しく求め会う。数日後、シーザーの部屋では組織の会計士シェリー(バリー・キヴェル)が200万ドルを横領したのが発覚し、ボスの息子ジョニー(クリストファー・メローニ)らの拷問を受けていた。シェリーとも密かに関係を続けていたヴァイオレットはコーキーに、その金を奪って逃げようと持ちかける。彼女を愛し始めていたコーキーだったが、相手がマフィアのマルゾーニ一家であることと、かつて相棒に裏切られた苦い経験から躊躇する。だが、彼女はボスのジーノ(リチャード・C・サラフィアン)が金を受け取りにくる日に金を奪い、シーザーには彼と折り合いの良くないジョニーの仕業と思わせる作戦を思いつき、2人で周到な準備を進める。当日、打ち合わせどおりにヴァイオレットはジーノの好きな酒瓶をわざと落とし、代えを買いにいくと言って部屋を出た。その隙に忍び込んだコーキーは金の入ったトランクをこじ開け、中身を新聞紙とすり替えた。そこへ戻ってきたヴァイオレットは下でジョニーを見たと嘘を言い、不安に駆られたシーザーは金が盗まれたことを知り、それがジョニーの仕業だと確信した。だが、ボスの息子には手出しできないから逃亡するはずと読んでいたコーキーらの予想に反し、シーザーは反撃の手を考え、ヴァイオレットにも傍らにいるよう命じた。そして、ジーノらを迎えたシーザーは言い争いの挙げ句、全員を射殺してしまう。駆けつけた警官たちをうまくやり過ごし、後は死体を始末してジーノらが来なかったことにし、金さえ見つければ問題ないと考えたシーザーだが、ジョニーの家や車からは出てこずパニックに陥る。やがて、組織の番頭ミッキー(ジョン・P・ライアン)にジーノらがまだ現れないと時間稼ぎの電話をした彼は、不安に駆られたヴァイオレットが隣室のコーキーに電話しているのに気づき、全ては女2人の仕業だったと悟る。シーザーはコーキーを殴りつけて縛り上げるが、そこへミッキーと相棒のルーが現れた。シーザーの前でルーがトランクを開けようとした時、電話が鳴った。シーザーが取ると、声の主は隣の間から携帯電話で掛けているヴァイオレットだった。彼女はシーザーに指図し、ジーノらが交通事故に遭ったようにルーたちに思わせる。彼らが病院に向かった後、シーザーは金がコーキーの部屋の塗料缶に隠してあることを知るが、女たちの連携プレイで銃弾に倒れる。首尾よく金を手に入れた女たちはキスを交わし、ピックアップ・トラックで新天地を目指した。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.3
(517人)

レビュー

10+
forward

映画好きのためのサービス

今なら31日間無料体験

WATCHA

見る


この作品が含まれたまとめ

13
forward
今まで★ 574,752,737件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc