『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』のポスター

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

2007 ・ 音楽 ・ インド
平均 ★3.7 (242人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

OM SHANTI OM
2007 · インド · 音楽
162分
1977年のボンベイ。エキストラ俳優の父と母のもとに生まれた青年オーム(シャー・ルク・カーン)は、スターを夢見る脇役俳優。女優シャンティ(ディーピカー・パードゥコーン)に淡い恋心を抱いているが、高嶺の花である彼女を遠くから眺めるのが関の山。だがある時、撮影現場の事故からシャンティを救出したことがきっかけで、オームは彼女と急速に親密になる。その矢先、実は彼女が売れっ子プロデューサーのムケーシュ(アルジュン・ラームパール)と結婚し、妊娠していることが判明。しかし、更なる成功を求めるムケーシュは、妊娠を喜ぶどころか、彼女を疎ましく思うようになっていた。ある晩、シャンティはムケーシュから進行中の映画「オーム・シャンティ・オーム」のセットに呼び出される。心配したオームが現場に駆けつけると、燃え上がる部屋に閉じ込められた彼女を発見。何とか救出しようとしたところ、セットは爆発。爆風で吹き飛ばされたオームは映画スター、カプール夫妻の車に轢かれ、病院で息を引き取ってしまう。だが同時に、カプールの妻(キラン・ケール)が男児を出産していた……。それから30年。オームを不憫に思ったカプール夫妻が同じ名を与えた男児オーム・カプール(シャー・ルク・カーン二役)は、超人気俳優に成長していた。ある映画賞の授賞式に出席したオームは、30年ぶりにハリウッドから戻ったムケーシュと出会う。その瞬間、彼の脳裏に自分のものではない記憶が浮かび上がる。その後、自然と前世のオームの家へ足を運んだ彼は、母や親友パップー(シュレーヤス・タラプデー)と話すうちに、次々と細かい記憶を甦らせてゆく。遂にオームは、殺されたオームとシャンティの復讐のために、事件で頓挫した「オーム・シャンティ・オーム」の製作を再始動する。すると、そのオーディションにシャンティそっくりの女優サンディ(ディーピカー・パードゥコーン二役)が現れる……。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.7
(242人)

レビュー

10+
forward

WATCHAで今人気の作品はこれ!

最も観られた作品を紹介🎬

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

18
forward
今まで★ 586,113,529件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc