『真昼の暴動』のポスター

真昼の暴動

1947 ・ 犯罪 ・ アメリカ
平均 ★3.5 (2人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Brute Force
1947 · アメリカ · 犯罪
98分
ウェストゲイト刑務所は小心者の所長バーンズ、温情ある医師ウォルタース、所長の椅子を狙う野心家で冷血漢の看守長マンジー(ヒューム・クローニン)等により運営されていた。長い間ここに入れられているジョー(バート・ランカスター)には、彼の入獄も知らずにいる病身の娘ルース(アン・ブライス)がいて、これが彼の娑婆への未練であった。マンジーは囚人の中から適当な男を選んで囚人達の動向を探るスパイにつかっていた。ジョーは彼のやり方を嫌い、彼のスパイを作業場の中で圧板機に落として血祭りにあげた。所内の不穏な空気をウォルタースは原因がマンジーにあることを知り、彼に忠告したが逆に殴り倒されてしまった。このことは平素おとなしい出獄を数日後にひかえたギャラガーまでもおこらせ、彼を遂にジョーらの集団脱獄に参加させることになった。ジョーたちは一番重労働である下水溝の工事をやらさた。ここが唯一の脱出口で彼は外部に通じるトロッコを利用して着々と準備をすすめた。決行当日、所内新聞の記事を取りに現場に入ろうとしたルイは、マンジーの事務所に連行され、意外にも計画のすべてが知られていることを知った。しかも彼は、下水溝に取材に行くというのは計画の首謀者とおぼしきジョーとの連絡に違いないだろうと問いつめられ、猛烈なリンチのために死んでしまった。ウォルタースはこれを知って、健康診断を理由に下水溝に入りジョーの計画を中止することをすすめたが彼の決心は変わらなかった。マンジーは計画にたいして監視塔、下水溝の出口などに機関銃を配置して備えるとともに所長に辞職を強要しこれに成功し、所内にスピーカーで発表した。この事がきっかけで脱獄の狼火は上がり、マンジーは囚人達の頭上に機関銃の雨を降らせた。ジョーは囚人達を指揮して看守を襲って、武器を手に入れスパイの新入りをトロッコの正面に縛りつけ、下水溝を突破して、自らは単身監視塔に1人残って機関銃を打ちつづけるマンジーと激しい死闘の末これを倒した。しかし精根つきたジョーもついにその場に倒れてしまった。囚人達はかけつけた応援の警官隊によって、多くの死傷者を出して鎮圧された。負傷者を手当てするウォルタース医師の表情は暗かった。

キャスト/スタッフ

forward

今週の新作をご紹介✨

WATCHAで配信中🎬

WATCHA

視聴可能なサービス


今まで★ 604,290,487件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.