『エンティティー 霊体』のポスター

エンティティー 霊体

1982 ・ ドラマ/ホラー ・ アメリカ
平均 ★2.7 (33人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

The Entity
1982 · アメリカ · ドラマ
115分
ロサンゼルスに住むカーラ・モーラン(バーバラ・ハーシー)は、30そこそこの独身女性で、1男2女の子持ち。現在はパート・タイムで働きながら、秘書になるためタイプの講習を受けている。ある夜、彼女が寝室にいると、何者かに殴られ、ベッドに押しつけられ犯されそうになる。彼女の叫び声に15歳の息子ビリー(デイヴィッド・ラビオサ)が飛びこんで来たが、人が侵入した形跡は見当らなかった。その後も、部屋が揺れて彼女を悩ませた。翌晩も同じように姿のみえない物体に襲われ、彼女は子供を連れて友人のシンディ・ナッシュ(マーガレット・ブライ)の家に避難した。ついで、職場へ向う途中、自動車のブレーキが急にきかなくなり、あぶないところで命拾いした。この事故の治療をうけた大学病院の精神科のスナイダーマン医師(ロン・シルヴァー)に、ここ数日の異常な出来事を話す。診察の結果、スナイダーは幻覚だろうという。その夜、浴室で再び透明な物体に襲われ犯された。翌晩も彼女は居間で襲われかけ、救けようとしたビリーはその物体の発する電気エネルギーで負傷する。シンディの家に相談にゆくが、そこでも襲われ、部屋の中は目茶苦茶になる。本屋で知った超心理学者クラフトとミーハンを家につれて来て、物体の存在を認めさせた。2人の上司であるクーリー博士(ジャクリーン・ブルックス)は、物体の正体はエンティティーであると断定する。カーラの愛人ジェリーは彼女が全裸にされエンティティーに強姦されるさまを見てショックを受ける。クーリー博士は、液体ヘリウムでエンティティーをとじ込めるために、大学の体育館にカーラの家そっくりのものを作る。だが、エンティティーは液体ヘリウムのタンクを動かし、彼女を追いつめる。ついにタンクは爆発、エンティティーは緑色の固形物となり、最後は爆発して紛々になってしまった。家にもどったカーラに、エンティティーが「お帰り」と初めて声をかける。翌朝カーラは子供たちとテキサスに旅立ってゆく。今でも回数は減ったものの、超常現常はおきているという。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均2.7
(33人)

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

1
forward
今まで★ 634,173,133件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.