レビュー
レビュー
    star3.0
    2019.2.17.017 ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる者)としてソ連から外交官待遇を拒否された杉原千畝の、二次大戦中の活躍を描いた映画。池上彰の「世界の見方ドイツとEU」で杉原千畝の名前を知り、ちょこっとネットで杉原千畝についての予備知識を入れた上での映画鑑賞。 彼が発給したビザは2000以上。当然ながらビザを手にした難民のすべてが生き延びれたわけでもないが、生き残った方々の子孫が今世界中に4万人いるのだそうだ。難民の多くはユダヤ人だったそうで、1985年にはイスラエル政府から表彰。しかし日本では外交官の職を追われるなど冷遇されていたことが何とも…。 作中、「ヴィザを発給します」のあとの大きな歓声が上がったシーン、難民が涙ぐみながらビザを受け取るシーン、よかったな。名作と呼ばれるような作品ではないかもしれないけど、このような偉人?勇気と英断をもって多くの命を救った方を記憶、記録するという意味では大きな意味のある映画だと感じた。
    70
    リトアニア・カウナスに、日本領事館開設を命じられ赴任した杉原千畝。戦争の激化とともに、ユダヤ人迫害も激しさを増し、受け入れてくれる国もほとんど無くなってしまう。ナチスの目を盗んで逃げてきた難民たちがヒトラーから逃れるために、日本への通過ビザを求め、領事館前におしかけてくる。日本政府からは許可がおりない中、杉原は自分のキャリアを捨ててまでも、2000人以上のビザを発給し多くのユダヤ人の命を救った行為はすばらしいと思う。だけど、最後の最後、イリーナからの手紙の中、アメリカ軍の日本に対する原爆投下が、正当化されているように解釈できる部分があったことがとても残念。。
    20
    リトアニアにおいて全2139ものビザの発給、 そして今でもその恩恵を受けた人間が世界で4万人も。 このような方が世界に誇る日本人と言えるのだろう。 訓令なぞというルールに縛られて思考をしなければ、このような結果にはならなかった。 善意に基づいた、善良な判断。 だからこそ命のビザと言われて、語り継がれるのだ。
    20