レビュー
レビュー
    star4.0
    “何かがおかしい”。疑念の描写の連続が、やがて来る“残り30分の衝撃”に繋がっていて、まるでゆっくり膨らました風船が限界点で破裂するような、“緊張の破裂”を体感する映画。 製作を手掛けたのは『ヴィジット』『スプリット』のジェイソン・ブラム。アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ピールが初の監督・脚本。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンの異色のタッグ。 低予算ながらも全米初登場でスマッシュヒットを記録し、 某米映画レビューサイトで99%大絶賛らしい。 本作が“次の”超傑作サプライズ・スリラー!「ドント・ブリーズ」「イット・フォローズ」の《正統継承作品》に認定!(映画.com)らしい。 『ヴィジット』『スプリット』のジェイソン・ブラムならでは、緊張感の山の作り方が芸術的。なぜ使用人が黒人だけなのか?なぜその使用人が笑いながら涙したのか?なぜカメラのフラッシュに鼻血を出して錯乱するのか?数分に一回レベルで疑念が膨らみ続ける前半の90分は、誰しも見飽きない展開。その映画の山を迎えた後の、伏線回収の残り30分も息を飲む展開。ガールフレンドの、外科医の父や、催眠術師の母、盲目の知人など、登場人物達の存在に全く無駄が無いことが分かる。 また、人種差別とうテーマが乗っている分、他のサスペンスホラーより大幅に意義を持つ映画になれていると思う。絶妙なのは、否定的な意味だけでなく、肯定的な差別も内包していること。“身体的能力が卓越している”。あえてそれを羨む・欲する白人の図式とする事で、人種差別問題を一方的な捉え方にせず、絶妙に風刺していると思う。それがアメリカで受けている理由なのでは。
    480
    「不協和音だらけの裏人種差別ホラー。」 アカデミー賞脚本賞受賞。本職がコンビの芸人というジョーダン・ピールの初監督作品。白人の彼女を持つ黒人の主人公が、実家へ挨拶に行くが、、という導入。 これは面白かった。前半の不気味な雰囲気で何がおかしいのか分からないけど何かおかしい不協和音ぶり、からの後半の伏線回収とカタルシスのバランスが良い。何を言ってもネタバレになるんでここではあまり語るコトがないなあ。ただ怖いだけじゃなく、主人公クリスの親友ロッドがコメディリリーフとして存分に発揮してるのも良い。 黒人差別排他主義どころかやたら黒人を持ち上げる彼女の家族とその周りの人達だが、逆に嫌味に聞こえるイヤ〜な感じが出ているのも上手い。まあこの人達は本心で言ってるんだろうけどさ。 繰り返し見てみるとココも伏線だったのかってなるのも唸る。アッサリしてる部分もあったり、分かりにくい伏線も多いと不満もあるにはあるが、 十分楽しい快作ホラーだった。 以下ネタバレでチラホラと。 —————ここからネタバレ————- 細かい伏線がたくさんあるのがこの映画の上手さ。例えば冒頭、クリスにまで身分証を求められた時、何で運転してないのに見せないと行けないのと警官に詰め寄ってた場面、あれ普通にローズが勝気な性格を見せる場面なだけと最初は視聴者に思わせておいて、記録が残るのが困るだけだったという。他にも使用人が常に帽子を被ってるのは手術痕を見せない為とか。解説サイト見ないとちょっと気付けない伏線もあるが、またそれも2度美味しいと言えば美味しい。 映像特典にもうひとつのエンディングがあったが、バッドエンドであまり救いがないのがホラーらしくて良いんだけど、やっぱり親友がここぞと来てくれた(それでももうちょい早く来いよと思ったけど)、本来のエンディングのが救いがあって良かったよ。監督GJ。
    240
    黒人を中心に描かれたサスペンスホラーです。 物語が始まりずーとある違和感。 特に変わった事がある訳でもないのに何か変だと視聴者も主人公も展開が進むほど感じていきます。 そして登場人物達が主人公にかける何気ない言葉は話の展開が進むに従って理解されていきます。 大きな展開は予想通りでしたが、それでも後半のたたみかける描写にはつい興奮させられますね〜(o^^o) 最後の締め方がもっと考えられたものなら傑作になった事を考えると少し惜しい作品かもしれません。
    234