『MY FATHER マイ・ファーザー』のポスター

MY FATHER マイ・ファーザー

2003
平均 ★2.7 (5人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

My Father, Rua Alguem 5555
2003
112分
1985年6月、ブラジル、マナウス。郊外の小さな墓地で白骨死体が見つかった。アウシュヴィッツ収容所で数々の人体実験を行い"死の天使"と恐れられ、戦後30年にも及ぶ逃亡生活をし続けたヨゼフ・メンゲレ。果たして遺体は彼なのか? このセンセーショナルな事件を記録におさめようと、世界中の報道記者、カメラマンやTVクルーが殺到した。群衆の中には、被害者であるユダヤ人、アメリカ人弁護士ポール・ミンスキー(F.マーレイ・エイブラハム)そして、メンゲレの息子ヘルマン(トーマス・クレッチマン)の姿もあった。かつてナチによってつけられた、ユダヤ人の印を腕に持った女性がヘルマンに向かって叫ぶ。「人殺し! 父親が人殺しなら息子も同罪だ!」弁護士ポール・ミンスキーは、息子のヘルマンが父親の死を偽装しているのではないかと疑いをかけた。ニューヨーク・ユダヤ人協会は、アウシュヴィッツ収容所で行われていた医師たちによる残酷きわまりない人体実験から奇跡的に命を取り留めた双子たちの損害賠償請求のため、ミンスキーを雇ったのだった。ミンスキーの目的は2つ、被害にあった双子の治療のためにメンゲレのカルテを入手すること。そして、ドイツへ損害賠償を請求するためにメンゲレが本当に死んだのかを確認することだった。ミンスキーとの長い沈黙の後、ヘルマンは8年前に初めてマナウスで対面した父親との日々についてゆっくりと語り始める…1977年1月、ブラジル、マナウス。埃っぽい熱さがアルゲン通りを覆っていた。情け容赦無く照りつける太陽の下、35歳のヘルマンは実の父親と対面しようとしていた。30年以上も逃亡生活を続けているメンゲレ(チャールトン・ヘストン)の住まいは、マナウスのアルゲン通り5555番地にある質素な家だった。メンゲレはそこで彼を匿う人々に守られながら生活していた。ヘルマンは問う。「父さんを理解しにきた。僕は今日まで色々な話を聞かされ続けた。そろそろ人の噂ではなく本人の話が聞きたい。」しかし、父メンゲレは自らの罪を決して認めはしない。「私はただの遺伝学者だ。国から与えられた使命をまっとうしただけだ」と。幾度となく繰り返される父と息子の衝突。あの時、本当は何が起きていたのか。真実を知ることで、血のつながった父親を理解したいと望むヘルマン。一方、自分は決して間違った事はしていないと主張する父親。2人の対話は平行線を辿る一方で、ヘルマンの心は次第に絶望へと変わっていく。

キャスト/スタッフ

forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

2
forward
今まで★ 639,143,936件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.