『ステート・フェア(1945)』のポスター

ステート・フェア(1945)

1945 ・ アメリカ
平均 ★2.8 (2人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

State Fair
1945 · アメリカ
100分
アメリカ中西部のある田舎でのことである。フレイク夫妻は息子も娘も大きくなったし、主人のエイベルは年一回の州主催の共進会で養豚の一等賞を、妻のメリッサは漬け物で一等を取るのが望みである。デーヴ・フイラーはエイベルをからかって、一等は取れない、たとえ取れても不幸なことが一家に起こるに相違ないとケチをつけ、かけをする。エイベルは自慢の豚にブルー・ボーイと命名し、メリッサは腕によりをかけて漬け物作りだ。娘マァジーは共進会の記事をとりに町から来た新聞記者パット・ギルバードを好きになる。彼は皮肉屋で都会ずれがしていて、純情とはいえない青年だが、彼女は彼が心の奥底は善良だと直感したのだ。パットは都会の若い女に見られない純情な美を彼女に見出たというわけである。歌が得意の息子ウェインは町から来た歌い手のエミリー・エドワーズが好きになり、2人で合唱するのに夢中である。共進会ではブルー・ボーイは一等の栄冠をいただき、メリッサの漬け物も優等賞だった。ところがパットが消えて居なくなり、エミリーは結婚しているということが分かって、マァジーもウェインも失望落胆、どうやら賭はデーヴの勝ちになりそうな形勢となる。エイベルもメリッサも賭はそっちのけ子供たちの不幸が心痛だ。しかしパットはシカゴの新聞社から電報で呼ばれて急行していたので、引き返して来てマァジーに結婚を申し込むし、ウェインは純真なエリナーという乙女を連れてフレイク家へ帰ってくるというおめでた続きで、エイベルもメリッサも大ニコニコとなったのである。

キャスト/スタッフ

forward

映画好きは必見!

WATCHAで映画をもっと楽しもう

WATCHA

視聴可能なサービス


今まで★ 640,249,307件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.