もういちど愛して

1971 ・ フランス
平均 ★3.0 (1人)
評価する

基本情報

Take It Easy
1971 · フランス
ブルターニュ地方の貧しい教区--。そこが、神へオルガンの調べをささげるシモン・メディユ神父(A・ドロン)の受け持ち区域だ。いつものように風の強い日。人里離れた寂しい丘の上にある彼の教会に、一台のベンツが止まって男が降りてきた。フランシスコ(J・ギオマール)と名乗るその男は、私はあなたの妻の夫、と衝撃の告白をして平隠に暮しているシモン神父を仰天させる。それもその筈神父の妻リタ(N・ドロン)は事故で死に、そのショックで彼は神父になったのだから……。だが、フランシスコの話は嘘ではなかった。シモンの前にその姿を現わしたリタは、彼にもういちど愛されたくてここまできたというのだ。シモンの心は妖しく揺れた。「もしあのまま暮していたら、あなたは嫉妬で私を殺していたわ。だから事故に見せかけて姿を消したの」。ニッコリほほ笑むリタにそういわれてみるとシモンの心はますます揺れた。彼は迷いに迷ったあげく司教(P・ムーリッス)に相談したが、らちがあかず、フランシスコが経営する町の酒場“老海賊”をのぞいてみることにした。肌も露わなドレスを着て、船員たちに媚を売っているリタの姿を見たシモンは、リタを怒鳴りつけ、用心棒のミッキー(A・ボレ)と乱闘を演じてしまう。それからというものシモンは、仕事が手につかず、リタのことで頭がいっぱいになってしまった。“免罪大祭”の日、嵐のようにけたたましいオルガンの調べが満員の信者を集めた小さな教会の中に響き渡った。一度神父になったものがこれを取り消す、となれば、手続きのわずらわしさたるや大変なものだが、司教のイキなはからいもあってやっとローマ法王からの許しがとれた。シモンが“老海賊”へ飛び込んだら、そこには新聞記者がワンサとつめかけていたが、リタの姿が見えない。フランシスコがいうには、彼女は、シモンの心を乱してしまって申し訳ないという理由でシャルトルーズの修道院に入ってしまったというのだ。“老海賊”で大あばれしたシモンは修道院へと向った。「リタ!帰っておいで!」いまはもうすっかり尼さんらしくなったリタはそのシモンの声を聞くと、いかめしい修道院を飛び出した。しっかりと手をつないで逃げ出すリタとシモン。彼らのあとを、ふたりの愛にあやかろうと、若い尼僧たちが追いかけた。

キャスト/スタッフ

forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのサービス

WATCHA

今まで★ 646,670,954件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.