レビュー
レビュー
    star4.0
    メジャーリーグ級の豪速球の持ち主を見つけるべく、クリケットの本場インドに目をつけ奮闘した、実在のスポーツエージェントの体験談に基づいたドラマ。 スポーツエージェントを主人公にした実話モノと聞くと、やはり思い出すのはブラット・ピット主演の『マネーボール』でしょう。こちらが非常にシビアなビジネスの世界を描き、「球団にとって利益にならなければ即トレード」の厳しさに徹したのと正反対に、本作は実にアットホームです。 物語は主人公とメジャーに挑戦する青年二人の心の交流を中心に描かれ、家で一緒に暮らしつつ夢へと向かう様子はある種の疑似家族ドラマにさえ感じます。流石ウォルト・ディズニースタジオ配給といったところでしょうか、夢があります。 その分、彼らが如何なるトレーニングを経ていっぱしの野球選手へ成長したかは根こそぎダイジェストで処理されてしまい、少々現実味を欠いた生温さも拭えませんが、まだまだ格差の大きいインドの現状が現地に向かった主人公の視点を通して映し出されるため、全体として程よいバランスに落ち着いた秀作に仕上がっています。
    20
    人生崖っぷちのスポーツ・エージェントが、インド人メジャーリーガーの発掘に人生最後のチャンスを掛けた実話を映画化した感動作。
    00