『恋人たちの食卓』のポスター

恋人たちの食卓

1994 ・ ドラマ ・ 台湾 ・ アメリカ
平均 ★3.5 (83人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Eat Drink Man Woman
1994 · 台湾 · ドラマ
124分
台北。一流ホテルの名シェフだったチュ氏(郎雄)は、男手一つで3人の娘を育ててきた。長女のチアジェン(楊貴媚)は高校の教師、次女のチアチエン(呉倩蓮)は、航空会社に勤めるキャリア・ガール、三女のチアニン(王渝文)は、アルバイトに忙しい大学生。日曜日には家族全員が集まり、豪華な特製料理を囲むのが一家の習慣だったが、娘たちはこの晩餐が重荷で、ある日曜日、味にうるさい次女は父の味覚が衰えたと非難する。コックになりたかった彼女は、父に女には無理と道を絶たれたことを今でも恨んでいた。そんな折、小学生の娘と二人暮らしの隣人・チンロン(張艾嘉)の母で、未亡人のリャンおばさん(歸亞蕾)が米国から帰国。父のよい話相手になるのではと期待する三姉妹にも恋の季節がやってくる。差出人不明のラヴレターに、長女は新任のバレーボールのコーチ、ミンタオ(盧金城)からだと胸をときめかす。次女は本社から来たエリート社員のリーカイ(ウィンストン・チャオ)にひかれる。三女はボーイフレンドのクオルン(陳昭榮)とデートする。日曜日の晩餐の席で三女は「子供ができた。彼と暮らすわ」と爆弾発言、さっさと家を出た。一方次女はリーカイを大学時代に姉をふった男だと疑うが、それは姉の妄想だった。混乱した彼女は年来の恋人の元を訪れるが、彼には別の女がいた。件の長女のラヴレターは生徒のいたずらと分かり、悔しくて泣きじゃくる彼女をミンタオが優しく慰める。次の日曜日の晩餐、長女は「ミンタオと今朝、教会で結婚した」と告げ、彼女も家を出て行った。数週間後の日曜日。娘たちと夫たち、チンロンとリャンおばさんも招いての晩餐会で、今度は父が「チンロンと結婚する」と爆弾発言。さらに数カ月後の日曜日。近いうちにアムステルダムヘ支社長として旅立つ次女が、晩餐の準備をしている。次女のスープを口にして、チュ氏は味覚が戻ったことに気づく。父と娘は優しく手を取り合った。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.5
(83人)

レビュー

1
forward

人生の一作に出会おう🎬

映画好きのためのWATCHA

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

3
forward
今まで★ 586,840,215件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc