『ボク、運命の人です。』のポスター

ボク、運命の人です。

2017 ・ TVドラマ
平均 ★3.6 (5,504人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

저, 운명의 사람입니다
2017 · TVドラマ
日本
この4月、都内の会社に異動してくることとなった正木誠(亀梨和也)。彼は女運がなく、なぜか付き合う女性たちには大きな難があり、挙句に別れを告げられるような恋愛を重ねていた。そんなある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れる。彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言い放つ。怒る誠だったが、謎の男がテレビを点けると、そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿が。愕然とする誠。なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く誠に、神様は言う。「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と。そして差し出す1枚の写真。それは湖月晴子(木村文乃)の写真だった。だが、誠は晴子のことを知らない――。自称神の男が言う『本当の運命の人』:湖月晴子。彼女とは顔見知りではないが、実は5歳の頃の海水浴場で、大学受験の時の試験会場で、今年の初詣の神社で、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた女性だという。そして今、彼女は誠が異動してきた会社の壁を挟んで向こう側、背中合わせで仕事する「運命」の距離にいるという…。晴子は今年30という年齢を迎えながら、男運に恵まれず、「次こそが最後の恋愛にしよう」と堅実で地に足の着いた人と恋愛することを願っていた。謎の男から不思議な運命を告げられた誠は、会社のビルで晴子と同じエレベーターに乗り合わせる。焦る誠。だが、勇気を振り絞って声をかける。「あの…ボク、運命の人です…」と。が、勿論突然のそんな発言を晴子は気味悪く感じてしまい――。最悪の出会いから始まる最大の運命の物語。振り返れば「運命」だったのかもしれない、あの「偶然」の数々。運命を武器にした一人の男が、運命なんて信じぬ難攻不落の現代女性に立ち向かう、恋の冒険が今始まる!今年30歳になる、誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)は幼いころから何度もすれ違ってきた。お互いに誰なのか全く知らない。そんな2人の人生はある男の登場によって大きく動いていく。誠は突然現れた「自称・神」と名乗る男から運命の話を聞き、初対面に近い晴子に「自分は運命に相手だ」と声をかける。最悪な出会い・「運命って…?」と信じられない晴子は何度も断るが、誠は諦めずに「運命の恋」を追いかけ続ける。「自称・神」を名乗る男は一体何者なのか?偶然は必然?「運命」に翻弄され続ける2人のラブコメです。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.6
(5,504人)

レビュー

30+
forward

昔から映画にはエロスが付き物

官能溢れる映画をまとめました🎬

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

22
forward
今まで★ 588,343,589件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc