レビュー
レビュー
    star2.5
    2019.01.18📀
    00
    主人公は娘を探すマルコム卿(ティモシー・ダルトン)、謎の多い美女ヴァネッサ(エヴァ・グリーン)、助っ人を頼まれたガンマンのイーサン(ジョシュ・ハートネット)の三人で、目的はマルコム卿の娘を探し、助け出すこと。 しかしホラー界の重鎮が総出演、フランケンシュタイン博士とそのクリーチャー、不老不死のドリアン・グレイ、ドラキュラ退治で有名なヴァン・ヘルシング教授など。 衣装やセットにお金がかかっているのはよく分かるが、登場人物が多過ぎて整理がつかない。 なお、誘拐したのは女白髪鬼みたいなヴァンパイアかな。
    00
    エヴァ・グリーンがここまで演るのかというくらい体を張った怪演で、もうそれだでも観る価値があると思う。ゴシックホラーでエログロ要素有りなのでホラー好き向けかと思う。
    00