『家族のレシピ』のポスター

家族のレシピ

2017 ・ ドラマ ・ シンガポール ・ 日本 ・ フランス
平均 ★2.9 (593人)
評価する

基本情報

家族のレシピ
2017 · シンガポール · ドラマ
89分
群馬県高崎市。長閑な田園地帯に佇む一軒のラーメン屋では、店主の和男(伊原剛志)とその弟・明男(別所哲也)、和男の一人息子・真人(斎藤工)が働いていた。店が終わると、和男は1人でバーに向かい、真人は自宅の台所である味を再現しようと黙々と作業を続けていた。同じ家、同じ職場で過ごしながらも、父子の間に会話はない。長年続いたそんな生活は翌日、和男の急死によって終わりを告げる。葬儀を終えた真人は和男の遺品の中に、中国語で書かれた母メイリアン(ジネット・アウ)の日記と写真、さらにシンガポールに住む母の弟からの手紙を見つける。母は真人が10歳の時に病死、以来、父は母のことに関して口を閉ざしてきたのだ。真人は両親の出会いの場であり、自身も10歳まで暮らしたシンガポールを訪れることを決意。母の写真を頼りに、両親が過ごしたシンガポール各地を訪れた真人は、以前から交流のあったシンガポール在住のフードブロガー、美樹(松田聖子)の協力を得て、母の弟ウィー(マーク・リー)の居場所を突き止める。ウィーが営む食堂で、日本のラーメンに似たバクテーの味に懐かしさを覚えた真人は、ウィーにバクテーの作り方と、母とその実母の間に何があったのかを教えてほしいと頼む。真人は一度も母方の祖母に会ったことがなく、その理由がずっと気になっていたのだ。後日、ウィーと共に祖母のマダム・リー(ビートリス・チャン)の家を訪れ、ショッキングな事実を知らされる真人。マダム・リーは、メイリアンと和男の結婚に猛反対し、真人が生まれた後も交流を絶っていたというのだ。叶えられなかった両親の願い。シンガポールと日本の歴史。さらに、貧しい労働者のための安価なエネルギー補給源として重用され、国の経済発展とともに大衆料理として人気を集めていったバクテーの歴史……。真人は、バラバラになった家族を再びに一つにするためのアイデアを思いつくが……。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均2.9
(593人)

レビュー

80+
forward

⟨우주전쟁⟩ 왓챠 독점 공개!

'그들은 왜 인류를 몰살했을까' SF 생존 스릴러 ⟨우주전쟁⟩ 지금, 왓챠!

WATCHA · AD

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

46
forward
今まで★ 606,573,834件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 事業提携関連
  • contact@watcha.com, 070-7554-9696
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.