『ローズ』のポスター

ローズ

1979 ・ ドラマ ・ アメリカ
平均 ★3.5 (123人)
評価する

基本情報

The Rose
1979 · アメリカ · ドラマ
125分 · R18
反体制の波にゆれる1969年のアメリカ。ベトナム戦争がもたらした若者たちの反撥は頂点に達し、そんな空気の中で女性ロック・シンガーのローズ(ベット・ミドラー)がカリスマ的な支持を受けていた。しかし、契約中の3年間の彼女のスケジュールはびっしりで、専用機“ローズ号”で毎日旅する彼女の神経はすり減っていた。故郷フロリダでの公演のあと1年の休みを欲しいというローズの願いも、マネジャー、ラッジ(アラン・ベイツ)の厳しい言葉に消されていった。ニューヨーク公演の後、ラッジと共に作曲家ビリー・レイ(ハリー・ディーン・スタントン)を訪ね、そこでビリーに冷たい言葉をつきつけられたローズは、ビリーのもとをとび出し、乗り込んだハイヤーの運転手ダイアー(フレデリック・フォレスト)を知る。途中、レストランに立ち寄った2人は、そこでささいな喧嘩に巻き込まれるが、その場のダイアーの男らしさにいつしか魅かれるローズだった。ローズが以前住んでいた“ビッグ・ジョージの店”に寄った2人は、その夜をホテルで過ごす。翌朝、録音に5時間も遅れたローズはラッジと言い合うが、仲裁に入ったダイアーにまで罵声を浴びせるローズだった。その場を去るダイアーにしかしローズは追いすがり、自分の愛の深さを告白する。そして、ダイアーが運転手ではなく、軍隊を脱走してすでに3週間になる身であることを知る。しかし、ローズの自由奔放な愛の生活は限りなく、かつてのレズビアンの愛人セーラ(サンドラ・マッケーブ)などの愛も平気で受け入れる有様だった。この場を目撃したダイアーは、遂にローズのもとを去った。いよいよ故郷フロリダにやって来たローズは、再びラッジと決定的な喧嘩をしてしまい、彼にクビを言い渡される。不安のどん底につき落とされたローズは、その場に戻ってきたダイアーと車で町を走り回るが、“モンティの店”で出会った、昔の恋人が原因で、今度こそ決定的な別れをむかえてしまう。一方、スタジアムでは、ローズを迎えようと、1万人以上の観衆が待ちかまえており、その熱狂の裏で、控え室のラッジらは頭をかかえていた。口では強いことを言っても、ローズの行方をラッジは必死に追っていたのだ。ローズがクスリでふらつきながら、なつかしい母親に電話をしたことから、交換手を通して彼女の居所をつかんだラッジはへリコプターを用意し、花火の上がる大観衆のスタジアムに彼女を迎え入れることに成功。割れるような観衆の拍手の中、足をふらつかせながらステージに立つローズ。“私といて、私を置いていかないで”と訴えるように歌う彼女に再び熱狂の拍手が起こった。そして、続いて歌った歌詞が、つぶやきのようにささやかれると、彼女はそのままばったり倒れた。愛を求め、愛に生きた1人の激情のロック歌手のそれが最後だった。(20世紀フォックス映画配給*2時間14分)

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.5
(123人)

レビュー

10+
forward

⟨하이클래스⟩

욕망에 휩싸인 국제학교 엄마들

tvN 드라마 · AD

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

22
forward
今まで★ 629,518,122件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.