『エンテベ空港の7日間』のポスター

エンテベ空港の7日間

2018 ・ 犯罪/歴史/サスペンス ・ アメリカ/イギリス
平均 ★3.0 (1,250人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Entebbe
2018 · アメリカ · 犯罪
107分 · PG12
1976年6月27日。イスラエルのテルアビブを飛び立ったパリ行きのエールフランス機が、重武装した4人のテロリストにハイジャックされる。犯人のうち2人は、パレスチナ解放人民戦線・外部司令部(通称:PFLP-EO)のパレスチナ人メンバー。残る2人は、パレスチナの大義に同調するドイツ極左の過激派グループ“革命細胞”(通称RZ)のメンバー、ヴィルフリード・ボーゼ(ダニエル・ブリュール)とブリギッテ・クールマン(ロザムンド・パイク)だった。事件の一報がイスラエルの首相イツハク・ラビン(リオル・アシュケナージ)にもたらされたのは、国防大臣シモン・ペレス(エディ・マーサン)と国防費を巡って駆け引きを繰り広げていた閣議の最中。そして、乗客239人のうち83人がイスラエル人であることが判明する。やがて飛行機はイスラエルから4,000km離れたウガンダのエンテベ空港に着陸。アミン大統領(ノンソー・アノジー)の出迎えを受けた後、一行は空港ビルの旧ターミナルに監禁される。ハイジャック犯は、500万ドルと世界各地に収監されている50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求。多数の自国民を人質に取られたラビン首相は、交渉の道を探りつつ、態度を保留。一方、テロリストとの交渉に反対する国防大臣ペレスは、士官たちと秘密裏に人質奪還計画の検討を開始する。そして、多数の人質を取ったハイジャック犯たちの中でも、葛藤が続いていた。刻一刻と迫るタイムリミット。果たして、事件に関わった人々の運命は……?

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.0
(1,250人)

レビュー

100+
forward

배드 앤 크레이지

이동욱X위하준 인성회복 팀플레이

tvN 금토 드라마 · AD

視聴可能なサービス


ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

53
forward
今まで★ 640,432,006件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.