『バラの刺青』のポスター

バラの刺青

1955 ・ アメリカ
平均 ★3.6 (22人)
評価する

基本情報

The Rose Tatoo
1955 · アメリカ
117分
ニュー・オーリンズの港に近い町。セラフィナ(アンナ・マニャーニ)は、3年前に殺された夫ロザリオの想い出だけに生きていた。ロザリオの胸には真紅のバラの刺青がしてあった。セラフィナは、今ではミシン仕事を唯一の糊口の道にしていたが、シシリアの名家の出身で、だから娘のローザ(マリサ・パヴァン)がアメリカ水兵のジャック(ベン・クーパー)と恋仲なのが我慢ならない。また彼女には娘のほかに、気がかりなことがもう一つあった。バクチ場の女エステルが(ヴァージニア・グレイ)が亡き夫の情人で、その胸にロザリオと同じバラの刺青がある、という噂である。ある日、セラフィナは教会へ行き、神父からロザリオがどんな懺悔をしたことがあるかを聞き出そうとして気狂いのように喚き立てた。困惑した神父はアルヴァロ(バート・ランカスター)という屈強の若者を呼んで、セラフィナを連れて行かせた。アルヴァロと帰宅したセラフィナは彼のシャツが破れているのをみて、つくろってやろうとした。部屋は薄暗く、窓のよろい戸から洩れる夕陽がアルヴァロの胸にあたって、バラの刺青のようだった。彼に亡き夫の面影を見出したセラフィナは、久しぶりに明るく、今夜また来てくれといった。その夜、アルヴァロはセラフィナを喜ばせようとバラの刺青をして来た。だがセラフィナは、エステルの話を思いだし、どうしても真相を知ろうとバクチ場へ出かけた。噂は本当だった。アルヴァロはセラフィナを慰めて、家へ連れて帰った。セラフィナは彼の胸に縋りたかったが、近所の眼をはばかって、後で忍んで来てくれるように頼んで別れた。アルヴァロは酒をあおって来たが、床に倒れて眠ってしまった。セラフィナはシャツを脱がせ、毛布をかけてから自分だけ寝室に入った。そのあとジャックに送られたローザが帰って来たがアルヴァロに気がつかず、ソファに身を横たえた。翌朝、ローザがアルヴァロを見つけて大騒ぎになった。セラフィナの弁明も耳に入らない。しかし、今朝の彼女の気持ちは昨日までとは違っていた。娘にジャックとの結婚を許し、ジャックが迎えにくると快く二人を送り出してやった。戸口に立ったセラフィナは、中庭の向うから呼びかけているアルヴァロに気づいた。彼女が笑って駈け込むと、アルヴァロもポーチに飛び上がった。朝の太陽が彼のたくましい肩を照らし、胸のバラの刺青も赤々と輝いていた。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.6
(22人)

스팀 PC 카페 런칭

역대급 런칭 이벤트 진행중

스팀 PC 카페 · AD

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

12
forward
今まで★ 608,118,600件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 事業提携関連
  • contact@watcha.com, 070-7554-9696
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.