基本情報
基本情報
    原題
    Bomb the System
    製作年
    2002
    アメリカ
    ジャンル
    アクション/ドラマ
    上映時間
    0分
    レーティング
    G
    あらすじ
    ニューヨーク。ブレストの愛称で知られる19歳のアンソニー(マーク・ウェバー)は、地元のシーンで最高の評価を受けるグラフィティ・ライター。彼は毎夜クルーと共に、ニューヨーク市警察=NYPDのヴァンダル・スクワッドと呼ばれる落書き取り締まり班の2人組の追跡を交わしつつ、盗んだペンキでストリートの壁に絵を描き続けている。そんなある時、ブレストは、独自の政治活動を行なっている女の子、アレックス(ジャクリン・デ・サンティス)と知り合い、瞬く間に恋に落ちた。だがちょうど同じ頃、クルーの一人であるルーンことケヴィン(ジェイド・ヨーカー)が逮捕され、顔をナイフで切られる事件が勃発。ケヴィンの兄のジャスティン(ゲイノ・グリルズ)は、警察から帰ってきた弟と共に、NYPDに戦争を仕掛けていく。そして運命の夜。ブレスト、ケヴィン、ジャスティンの3人が佇んでいるところに、ヴァンダル・スクワッドの2人組が乗り込んでくる。揉み合いになり、まもなくジャスティンが転落死。悲しみに暮れるブレストは、次の街へ発とうとしているアレックスの誘いや、カリフォルニアの大学への進学など、選択に迷うが、結局狂ってしまったヴァンダル・スクワッドの一人に射殺されてしまう。そして残されたケヴィンは一人電車に乗るのだった。