『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』のポスター

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

2018 ・ コメディ/ドラマ/音楽 ・ アメリカ
平均 ★3.3 (359人)
評価する

基本情報

Hearts Beat Loud
2018 · アメリカ · コメディ
97分 · PG12
ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフックで、元バンドマンのフランク・フィッシャー(ニック・オファーマン)はレコードショップを17年に渡り営んでいる。妻の事故死によりシングルファーザーとなったフランクは、娘サム(カーシー・クレモンズ)を一人で育ててきた。そのサムはLAの医大へ通うことが決まっている。娘の進学後の生計を立てるにはレコードショップは赤字続きのため、フランクは店の貸主で友人のレスリー(トニ・コレット)に、夏の終わりに閉店することを告げる。旧友デイヴ(テッド・ダンソン)が経営するバーに行ったり、年老いて痴呆症の母親マリアンヌ(ブライス・ダナー)の面倒を見たりするだけで、フランクの人生は明るいものではなかった。ある夜、フランクは勉強中のサムをセッションに誘う。サムは書きかけの歌詞を引っ張り出し、二人で夜通し曲をレコーディングする。翌日、サムは、「私たちはバンドじゃないわよ(We’re not a band!)」と告げるが、娘の才能に感心したフランクは、一緒に作った曲を“We’re Not a Band.”というバンド名でSpotifyにアップロードしていた。その曲はSpotifyで人気の曲を集めた“New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届く。フランクは急に未来の扉が開かれた気分になるが、サムには出会ったばかりの恋人ローズ(サッシャ・レイン)との関係や進学予定の医学部など、向き合わなければならない問題が山積みで、音楽で人生の冒険を始めることなど不可能に思えた。夏の終わりに近づき、大学がもうすぐ始まろうとするなか、二人は人生の決断を迫られる……。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.3
(359人)

レビュー

30+
forward

⟨하이클래스⟩

욕망에 휩싸인 국제학교 엄마들

tvN 드라마 · AD

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

22
forward
今まで★ 629,922,076件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.