基本情報
基本情報
    原題
    日本独立
    製作年
    2020
    日本
    ジャンル
    戦争/ドラマ
    上映時間
    127分
    あらすじ
    ケンブリッジで学び外国生活が長い白洲次郎(浅野忠信)は、開戦前から日本の敗戦と食糧難を予見し、実業の第一線を退いて東京郊外に移住して農業を始める。1945年8月15日、白洲が終戦を知ったのは、畑仕事をしていた時だった。その頃吉田茂(小林薫)は大磯の邸宅で、「遂に来るものが来候」と手紙に書いていた。日本はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領下に置かれ、8月30日には連合国最高司令官マッカーサーが厚木に降り立った。正装の昭和天皇(野間口徹)とラフな姿のマッカーサーが並んだ写真が新聞を飾り、人々は敗戦の事実に改めて衝撃を受けた。間接統治とはいえGHQの力は絶対的で、日本の民主化と非武装化を求めて占領政策に着手。マッカーサーは天皇に近い人物から民主的な憲法案を出させるべく、元首相で公爵の近衛文麿(松重豊)に憲法改正を勧めた。そんな中、外務大臣・吉田茂はGHQとの交渉役である終戦連絡事務局の仕事を白洲に任せようとする。吉田と白洲は24歳も年が離れているが馬が合い、遠慮なしの激論を交わすこともしばしばあった。やがて白洲は、日本の再出発のために吉田の力になることを決意。吉田の「占領はすぐに終わる。だが、その間の対応を日本が間違えると、一度負けたどころか、二度も三度も負けることになる」との言葉を胸に白洲は熾烈な交渉の最前線に身を置き、彼の堂々とした態度はGHQの度肝を抜いた。憲法改正に意欲的に取り組んでいた近衛だったが……。