『Be Cool/ビー・クール』のポスター

Be Cool/ビー・クール

2005 ・ 犯罪/コメディ ・ アメリカ
平均 ★2.5 (247人)
評価する

基本情報

Be Cool
2005 · アメリカ · 犯罪
119分 · R15
映画プロデューサーとして成功したものの、チリ・パーマー(ジョン・トラヴォルタ)は、それにも嫌気がさしていた。元の家業の取立て屋に戻ろうと考えていたある日、旧友のトミーが現れる。インディーズ・レーベルを経営するトミーは、リンダ(クリスティーナ・ミリアン)という無名のシンガーを一緒に育てようと持ちかけたが、チリは気が進まない。そこへ車が現れ、いきなり銃を乱射する。偶然、席を外していたチリが駆け寄ると、トミーの死体が転がっていた。どうやら、ロシアン・ギャングの恐喝をトミーがつっぱねていたのが原因らしい。その夜、クラブで見たリンダは、安っぽい衣裳で時代遅れの歌を歌っていた。しかし、トミーの目は確かで、彼女はダイヤの原石だった。チリはリンダのマネージャーになることを即決。しかし、彼女はすでにニック(ハーヴェイ・カイテル)が経営する悪徳マネージメント会社と5年の契約を結んでいた。それを盾にしていかがわしい仕事を押し付けられていたリンダにとって、チリは救世主だった。一方、激怒したニックは手下のラジ(ヴィンス・ボーン)に「やつをなんとかしろ」と命じる。ラジのボディーガードのエリオット(ザ・ロック)は、俳優志願。チリは映画のオーディションを餌に、エリオットを手なずけてしまう。一方、トミーの未亡人、イーディ(ユマ・サーマン)を訪ねたチリは、気落ちしている彼女にリンダを大々的に売り出そうと元気づける。最初は疑心暗鬼だったイーディだが、リンダの歌を聴いてその才能に納得。ところが肝心の会社の内情が、破産寸前だと判明する! そこに乗り込んできたのが、極悪人だが売れっ子プロデューサーのシン・ラサール(セドリック・ジ・エンターテイナー)だ。人気ラッパーだがこれまた極悪ギャングのグループを引き連れて、仕事の未払い金30万ドルをチリに要求する。こんな混乱した状況の中、チリはリンダをディーバ(歌姫)として育て、音楽業界で成功を手に入れることができるのか?

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均2.5
(247人)

レビュー

30+
forward

틱톡 X 왓챠피디아 점프 기능 런칭!

틱톡 영상에 콘텐츠 연동하기

TikTok · AD

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

9
forward
今まで★ 640,038,680件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.