狼の館

1969
評価する

基本情報

The Best House in London
1969
ビクトリア女王時代のロンドン。うら若い身で社会改革に熱心なジョセフィン(J・ペテット)は、夜の女の更生に一所懸命であった。世の指導者たちも、フランス式の高級女郎屋を開き、女たちをそこに集める方策を考えていた。そしてこの首唱者が、ジョセフィンの伯父のフランシス卿(G・サンダース)であった。彼はまず内務大臣(J・バード)を仲間に引き入れ、ロンドンの彼の家を、その遊びの家にすることにした。姪のジョセフィンの方にも、ある日偶然なことから、宣伝コンサルタントのベンジャミン(D・ヘミングス)という協力者ができた。プレイボーイ・クラブの設立を引き受けたフランシス卿は、これを情婦のバベット(D・ロバン)にまかせ、所用でインドの農園へ出かけた。そこでバベットはフランシスの息子で愛人のウォルター(D・ヘミングス)に協力を依頼。ウォルターは昔の女を手づるに、ジョセフィンの力で更生の道を歩もうとしていた女たちを、ごっそり引き抜いてしまった。一方、ジョセフィンは貧しい少女を救いパンドルフォ伯(W・ミッチェル)の作業所で働けるようにしたが、彼女は工員たちを誘惑しバンドルフォを手こずらせた。その頃、フランシス卿がインドで原住民に殺され、ジョセフィンが財産を相続した。そこでウォルターは、女郎屋とは知らずバベットの依頼で宣伝をひきうけたベンジャミンを、婦女暴行者に仕立てあげ、警官にひきわたしてしまった。さらに彼は、ジョセフィンをわがものにして、財産を自分の意のままにしようとしたが、あと一歩というところで中国大使館の貿易担当官フェン(W・モーリス)のグループに、彼女をさらわれてしまった。彼等はインドの農園をおさえ、アヘン貿易をはばむため、当然息子のウォルターが相続したと思いこんだ、農園の権利書がめあてだった。しかし、彼女をおとりにつかっても、財産を相続していないウォルターから返事のくるはずもなかった。そして、すでに釈放されていたベンジャミンが、ジョセフィンのこの危難を聞いて、中国大使館にかけつけたが、彼もまたつかまり、彼女とともに、にえたぎる油なべの上に、さかさ吊りにされてしまった。もはやこれまでと思った時、二人は互いの愛を告白した。ところが、それと同時に、フェンたちの誤解もとけ、二人は自由の身となり、幸福な将来を夢みるのだった。

キャスト/スタッフ

forward

今まで★ 659,670,372件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.