『ドラマの帝王』のポスター

ドラマの帝王

2012 ・ SBS ・ TVドラマ
平均 ★3.1 (1万人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

드라마의 제왕
2012 · SBS · TVドラマ
韓国 · R15
大手ドラマ制作会社「帝国プロダクション」の代表、アンソニー・キム(キム・ミョンミン)は、手掛けた29本のドラマのうち27本を大ヒットさせた手腕をもつ男。 ドラマの成功のためには手段を選ばぬ彼は、スポンサーの意向で制作中のドラマ「優雅な復讐」の最終回に オレンジジュースを使ったシーンを加えるため、脚本家の意見を無視し、脚本家アシスタントのイ・ゴウン(チョン・リョウォン)を騙して台本を修正させる。ドラマは高視聴率を記録、成功を収めるが、放送ギリギリにあがった撮影テープを放送局に送るため急がせたバイク便が事故を起こし、死者を出したドラマとして事件がリーク。 横暴なアンソニーの破滅を望む者は多く、代表の座から下ろされてしまう。 3年後。業界から追い出されたアンソニーはワールドプロダクションという小さな制作会社を運営するも、鳴かず飛ばず。 そんな中、在日事業家のドラマへの投資話を知り、かつてゴウンから売り込まれた脚本「京城の朝」を思い出す。 この脚本に再起を賭けたアンソニーはゴウンを捜し出し、なんとか投資契約を結びつける。 だが、放送枠の確保、主演俳優の選定、制作費の問題と次から次へと問題が浮上。 その裏には、現・帝国プロダクション代表で、アンソニーを敵視するオ・ジンワンの妨害があり…。 “ドラマの帝王"の名を取り戻すべく奮起するアンソニーと、理想のドラマを胸に執筆にいそしむ新米脚本家ゴウン、 人気はあっても演技力非難が絶えない主演俳優カン・ヒョンミン(チェ・シウォン)。 それぞれの思いを乗せて「京城の朝」の制作は進められる。 果たして無事、放送にこぎ着けるのか?真のドラマ制作の裏側に迫る!

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.1
(1万人)

レビュー

50+
forward

視聴可能なサービス


ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

16
forward
今まで★ 660,082,882件の評価 が集まっています!
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.kr, 02-515-9985
  • 広告掲載のお問い合わせ
  • ad@watcha.com
  • 株式会社Watcha Japan
  • 代表 黒田淳一
  • 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
  • 事業者登録番号 211-88-66013
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.