『腰抜けモロッコ騒動』のポスター

腰抜けモロッコ騒動

1951 ・ ラブコメディ/犯罪 ・ アメリカ
評価する

基本情報

My Favorite Spy
1951 · アメリカ · ラブコメディ
93分
国際スパイの大立者エリク・オーガスティン(ボブ・ホープ)は紐育からタンジールへ向け出発しようとしたとき、追ってきた警官隊に射たれ、負傷して倒れた。一方、エリクと瓜2つの寄席芸人ピーナッツ・ホワイト(ボブ・ホープ2役)、エリクと間違われて警官隊に引き立てられてきた。エリクの鞄から数百万ドルが発見され、この金はヘーニッヒというタンジールのスパイから無人飛行機の設計図をうつしたフィルムを買い取るためのものだということが判った。当局はピーナッツをエリクに仕立て、タンジールに向かわせた。ピーナッツはタンジールで美しい女スパイ、リリー・ドルブレイ(ヘディ・ラマー)と、彼女のボスであり、スパイ団の首領でもあるカール・ブルーベイカー(フランシス・L・サリヴァン)と知り合った。ピーナッツはヘーニッッヒから例のフィルムの入った筒を買い取ったがリリーに色仕掛けで盗まれ、更に彼女は本物のエリクに盗まれた。だが幸い、フィルムはピーナッツの部屋に偶然落ちたままだった。ピーナッツはリリーにすべてを打ち明け、2人で逃れようとしたが、ブルーベイカーに捕らえられ監禁された。リリーが火を放ち、混乱にまぎれて逃げ出した2人は、様々な目にあいながら無事救われた。ピーナッツはリリーと一緒にアメリカの田舎で小さい雑貨屋を開いて暮らすため、タンジールをあとにした。

キャスト/スタッフ

forward

ギャラリー

forward

今まで★ 612,610,729件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.