『ロード・ジム』のポスター

ロード・ジム

1965 ・ ラブロマンス/ドラマ/アドベンチャー ・ アメリカ/イギリス
評価する

基本情報

Lord Jim
1965 · アメリカ · ラブロマンス
154分
ジム( ピーター・オトゥール) は誰にでも愛される、任務に忠実な男だった。生まれながらに指導者としての資質に恵まれていた。あるとき、ジムは骨折で船をおり回復して貨客船パトナ号の高級船員として契約した。聖地巡礼に向かうマラヤ人を乗せて航海の途中、嵐にあい、船長の呼ぶ声にひかれるように乗客を見捨ててボートに逃れた。海難審判所はジムの船員としての資格を剥奪、彼は文明社会から放逐された。ジムは東南アジアの港を労務者として渡り歩いた。やがて、交易所を営むスタイン( ポール・ルーカス) に見こまれ、可愛がられた。ある日、ジムはパトサンの村へと銃と火薬を運んで川を上った。その奥地にある錫鉱山は「将軍」と呼ばれる男に牛耳られ、村人は奴隷のように酷使されていた。武器は村人が「将軍」と戦うためのものだったが、村長( サイトウ )、その息子(イタミ)らはその倒す術に暗かった。武器を「将軍」に奪われそうになり、ジム自身も拷問にかけられたことから、彼は村人を助けることにした。独特の戦法を考え出し、作戦は成功、「将軍」を倒した。ジムはこのことで再び信用を得、ともに死をのりこえてきた混血の娘(ダリア・ラビ)との間に愛が生まれた。その頃、戦いにまぎれて港町へ逃げた酔いどれのコーネリアスは、ショーンバーグや海賊のブラウンと村に隠されてある財宝を奪おうとした。祭の夜、彼らは邪魔なジムを殺そうとして村長の息子を殺した。ジムは彼らを皆殺しにしたが、友の亡骸を抱く彼の心に、すべてお前の責任だという声があった。一度犯した罪を償うことの難しさを心底思いしらされた。葬式の朝、ジムは自分の銃を村長に渡した。銃声が鳴ったとき、ジムは異国の地に初めて安らぎを得たのである。

キャスト/スタッフ

forward

ギャラリー

forward

今まで★ 646,674,637件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.