『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のポスター

ヴィクトリア女王 世紀の愛

2009 ・ 伝記/ドラマ/歴史 ・ イギリス/アメリカ
評価する

基本情報

The Young Victoria
2009 · イギリス · 伝記
105分
19世紀のイギリス。ウィリアム国王(ジム・ブロードベント)は、いつ倒れてもおかしくない状態だった。多くの者が、国王の姪で王位継承者のヴィクトリア(エミリー・ブラント)を操り、権力を手に入れようと画策していた。夫の死後、個人秘書ジョン・コンロイと深い仲にあったヴィクトリアの母親ケント公爵夫人(ミランダ・リチャードソン)は、彼の言うままに、娘に摂政政治を認めさせようとする。しかし、母から自由になりたいヴィクトリアは拒否する。ヴィクトリアの叔父でベルギー国王のレオポルドは、甥アルバート(ルパート・フレンド)をドイツから呼び寄せると、次期女王の夫の座を狙ってヴィクトリアの元に送り込む。2人は一目で惹かれ合い、ヴィクトリアは彼が手紙を書くことを許す。国王の誕生パーティで、現首相メルバーン卿(ポール・ベタニー)はヴィクトリアの亡父を褒め、彼女に取り入る。そして彼女たちからヴィクトリアを引き離し、王位を渡そうとする。

キャスト/スタッフ

forward

ギャラリー

forward

この作品が含まれたまとめ

3
forward
今まで★ 663,026,334件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2022 by WATCHA, Inc. All rights reserved.