『クレアのカメラ』のポスター

クレアのカメラ

2017 ・ ドラマ ・ 韓国/フランス
評価する

基本情報

클레어의 카메라
2017 · 韓国 · ドラマ
69分
韓国の映画会社の社員マニ(キム・ミニ)は、女社長ナム(チャン・ミヒ)からの信頼も厚い有能なベテラン社員。だが、カンヌ国際映画祭を訪れていた最中、社長から突然、仕事を辞めて帰国するよう言い渡される。滞在していたアパートも追い出され、予定の帰国日を変更することもできず、1人でカンヌに取り残されるマニ。一方、映画祭に初めてやってきたフランス人音楽教師のクレア(イザベル・ユペール)は、韓国人の映画監督ソ(チョン・ジニョン)と知り合う。意気投合した2人は、製作会社のナム社長と3人で食事をすることに。自分がシャッターを切った相手は別人になるという自説を持ち、不思議なオーラを放つクレアは、その席で2人をカメラに収めると、一足先に店を出る。クレアが去った後、酔い始めたソ監督は、ナム社長に男女の関係を清算したいと切り出す。同じ頃、海岸沿いを散歩していたマニは、食事を終えたクレアと出会い、意気投合。クレアが撮った写真を見せてもったマニは、そこには意外な人物が写っていることを知る。それは、ソ監督とナム社長だった。理不尽な解雇の理由を知ったマニは、クレアを連れて解雇を言い渡されたカフェへ向かう。一部始終を知ったクレアはカメラを取り出すと、マニに向かってシャッターを切る。そして迎えた映画祭最終日。復職したマニは、映画祭期間中の事務所で備品を手際よく片付けていた……。

キャスト/スタッフ

forward

レビュー

forward

ギャラリー

forward

今まで★ 676,416,392件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2022 by WATCHA, Inc. All rights reserved.