『ヴォイス・オブ・ラブ』のポスター

ヴォイス・オブ・ラブ

2020 ・ 伝記/コメディ/ドラマ ・ フランス/カナダ
平均 ★1.5 (1人)
評価する

基本情報

Aline
2020 · フランス · 伝記
128分
1960年代カナダ。フランス語圏ケベック州の田舎で、音楽一家の14人きょうだいの末っ子として生まれたアリーヌ(ヴァレリー・ルメルシェ)は、幼い頃から歌の才能を発揮。12歳の時、母(ダニエル・フィショウ)が有名音楽プロデューサー、ギィ=クロード・カマラウ(シルヴァン・マルセル)にデモテープを送ったことをきっかけに、レコードデビューを果たす。ギィ=クロードの指導の下、コンサートツアーを重ね、着実に人気と実力を獲得していくアリーヌ。ギィ=クロードとの関係はやがて恋愛に発展。親子ほども歳の離れた関係は、一度は母に反対されたものの、最終的には家族全員の祝福を受け、2人は結婚する。ギィ=クロードの持病や不妊治療、心労を重ねたことで声帯を痛め、数ヶ月の休養を余儀なくされるなど、様々な困難に直面しながらも、それを乗り越えたアリーヌは、映画の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」で大成功を収める。まもなく待望の第1子も生まれ、ラスベガスに新居を構える2人。やがて愛する父を失いながらも、精一杯歌い続け、世界のディーヴァの地位を不動のものにしたアリーヌは、3人の子どもに恵まれる。その一方で、最愛の夫ギイ=クロードに病魔が忍び寄っていた……。

キャスト/スタッフ

forward

ギャラリー

forward

今まで★ 671,665,840件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2022 by WATCHA, Inc. All rights reserved.