『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』のポスター

サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ

2012 ・ ドキュメンタリー ・ アメリカ
評価する

基本情報

Side By Side
2012 · アメリカ · ドキュメンタリー
99分
映画が誕生してから100年あまり、映画作品は記録媒体としてフィルムを使用してきた。しかしこの20年ほどデジタル形式が広まり、映画用フィルム事業からの撤退を決定する大手フィルムメーカーも現れ、今ではフィルムは消えつつある。もちろん、これまでにもサイレント、トーキー、モノクロ、カラーと、映画史において大きな節目となる技術革新は何度も経てきた。まさに今、デジタルシネマによる技術革新の過渡期を迎えている。それにより映画はどのように変化しているのだろうか。俳優キアヌ・リーブスは、自身のキャリアを通して、映画のプロセスが変化していくのを実際に目にしてきた。そんなキアヌがマーティン・スコセッシ、ジョージ・ルーカス、ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャー、デヴィッド・リンチ、クリストファー・ノーラン、スティーヴン・ソダーバーグら名だたる監督たちや、撮影監督、編集技師、カラーリスト、特殊効果技師などの映画制作者たちに質問し、映画制作の現状と未来を考察する。

キャスト/スタッフ

forward

レビュー

forward

ギャラリー

forward

今まで★ 671,760,007件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2022 by WATCHA, Inc. All rights reserved.