ハンサン ―龍の出現―

한산: 용의 출현
2021 · アクション/ドラマ/戦争 · 韓国
130分
評価する
5.0
平均評価
(4人)
1592年4月。明国の征服を狙う豊臣秀吉の号令で朝鮮に攻め入った日本軍は、20日で首都・漢陽を陥落。朝鮮の王・宣祖は都を脱出し、漢陽を奪還するべく朝鮮勤王軍5万人が光教山に集結するが、日本の武将・脇坂安治(ピョン・ヨハン)は僅か2千人の兵で奇襲を仕掛けて勤王軍を壊滅させる。朝鮮軍の敗退が続くが、全羅左道水軍の将軍イ・スンシン(パク・ヘイル)は何度も海戦を仕掛けて日本水軍の戦力を削ることに成功。特に“亀船”と呼ばれる特殊な戦艦は、日本兵から恐れられていた。合流した慶尚右道水軍のウォン・ギュン(ソン・ヒョンジュ)は、防戦を主張してイ・スンシン一派と対立する。釜山浦に本陣を置く日本軍は脇坂安治が水軍の将となり、イ・スンシンの本陣、左水営を攻撃しようとしていた。脇坂は朝鮮語を解する脇坂左兵衛を間者として敵陣に送り込み、さらに第六軍の小早川隆景に陸から左水営を責めるように依頼する。朝鮮軍の捕虜となった日本軍の武将・俊沙(キム・ソンギュ)は、部下を守るために身を挺して戦ったイ・スンシンに感銘を受け、忠誠を誓う。イ・スンシンは日本水軍をおびき寄せて一気に叩く“鶴翼の陣”を敷こうとするが、演習は難航する。さらに、左兵衛に亀船の図面を盗まれ、亀船を戦力から外すことに。日本軍本陣に戻った俊沙は、脇坂軍を撹乱するために偽情報を報告する。図面から亀船の弱点に気づき、朝鮮からの先制攻撃はないと判断した脇坂は、日本から到着したばかりの加藤嘉明(キム・ソンギュン)と九鬼嘉隆から軍艦を奪い、140隻の大船団で闇夜に紛れて出陣する。その頃、脇坂との決戦を決意したイ・スンシン率いる朝鮮水軍も左水営を出発する。閑山島の沖に鶴翼の陣を張り、潮の流れが激しい見之梁まで脇坂軍をおびき出す作戦だ。海域を熟知した老将オ・ヨンダム(アン・ソンギ)の機転で、両水軍はついに対峙する。数で勝る日本軍を打破するべく、イ・スンシンは味方にすらも隠していた奇策を仕掛ける。

キャスト/スタッフ

レビュー

ギャラリー

似ている作品

    • 出典
    • サービス利用規約
    • プライバシーポリシー
    • 会社案内
    • © 2024 by WATCHA, Inc. All rights reserved.