『クルーシブル』のポスター

クルーシブル

1996 ・ ドラマ ・ アメリカ
評価する

基本情報

The Crucible
1996 · アメリカ · ドラマ
123分
1692年、マサチューセッツ州セイラム。農夫のジョン・プロクター(ダニエル・デイ=ルイス)はまじめな働き者で、仲間の信頼を集めていた。妻エリザベス(ジョーン・アレン)との間には2人の子供がいるが、清教徒の彼女はセックスに淡白だった。ジョンは召使の少女アビゲイル(ウィノナ・ライダー)の魅惑的な肉体に惑わされ情事に溺れるが、妻に知られてしまう。追い出されたアビゲイルは牧師の叔父パリス(ブルース・デイヴィソン)の元に身を寄せるが、ジョンへの思慕とエリザベスへの憎悪の念は日増しに強くなる。その頃、パリスの家で働く黒人の娘ティテュバ(チャーレイン・ウッダード)が呪術で願いを叶えてくれるという噂が少女たちの間で広まり、プロクター家のもう一人の召使メアリー(キャロン・グレイヴス)ら若い娘たちが集まり、満月の夜に踊り狂っていた。パリスがこの異様な光景を目撃すると、娘たちは逃げ帰った。パリスの娘ベティ(レイチェル・ベラ)もその中におり、家に帰ると父親の前で悲鳴と共に半狂乱状態となる。パリスはこれこそ悪魔と契約した魔女の仕業だと主張し、魔女逮捕に乗り出す。彼には町中に魔女の恐怖を植え付けて民衆を支配し、自分たちの権力の強化を図ろうという狙いがあった。ボストンからダンフォース判事(ポール・スコフィールド)がやって来て、魔女狩りが本格化する。一方、ジョンはアビゲイルの本心を確かめたくて彼女に会うが、激しく迫る彼女を拒み、愛はなかったと告げた。それ以来、アビゲイルは悪魔にとりつかれたふりをし、少女たちを煽動して狂乱の行動に駆り立てる。マインド・コントロールされた少女たちはアヒゲイルの暗示でマス・ヒステリー状態に陥ったが、彼女は魔女の呪いを受けたからだとふれ歩く。エリザベスを魔女だと告発して亡き者にし、ジョンと一緒になりたい一途な思いは、彼女をますます狂気の世界に誘う。ダンフォースは彼女たちを聖女と呼び、魔女を告発させると次々に逮捕していった。人々は疑心暗鬼で隣人を何の証拠もなく魔女だと告発、町は恐怖に覆われてパニック状態になった。エリザベスはアビゲイルの悪巧みを直観するが、彼女も魔女の容疑で逮捕されてしまう。ジョンは妻を救おうと、メアリーに全てが嘘であることを証言させる。これまでの陳述が覆されたため、法廷は動揺する。その場にいたアビゲイルは突然、悪魔につかれた恐怖に狂いだすふりをしたため少女たちも連鎖反応を起こし、法廷は騒然となった。たまりかねたジョンは、ついに恥を忍んでアビゲイルとの不倫を告白。全ての原因が彼女にあると言う。だが、エリザベスは夫の名誉を考えてそれを否定した。ジョンの立場は悪化し、しかもアビゲイルの脅しに怯えたメアリーが彼を悪魔の手先だと告発し、ついに彼も逮捕された。逮捕者は拷問を受けた末に、問答無用で絞死刑が敢行された。ある日、アビゲイルがやってジョンの牢獄に現れ、一緒に逃げてほしいと言うが、ジョンは応じなかった。ジョンはエリザベスと最後の対面をした。彼女は妊娠していたため命だけは助けられた。仲間を告発すれば助けてやるという誘いを断り、ジョンは真実に殉ずる決意をする。彼の抵抗がきっかけで多くの人が続くが、彼を含む19人が絞首刑となり、悲惨な最期を遂げた。

キャスト/スタッフ

forward

ギャラリー

forward

今まで★ 612,430,988件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • support@watcha.com
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.